まだすべての情報を掲載できていませんが、順次加筆していきます。
ほそかわけ

細川九曜(はなれ九曜) 細川家(肥後細川家、近世細川氏)

細川家(肥後細川家、近世細川氏)の概要

大名種別
いわゆる親藩・譜代・外様の分類
外様
大名の格
幕府が定めた大名家の格付け
国主
石高
歴代当主が与えられた最高石高
54万石
控えの間
江戸城に登城した際に待機する部屋(詰所)
大広間
官位(武家官位)
歴代当主が与えられた最高官位
従四位上
爵位
1884年(明治17年)の華族令制定時に与えられた爵位
侯爵

細川家(肥後細川家、近世細川氏)の歴史

室町幕府で中心的な役割を果たし、特に本家である細川京兆家は三管領家の一つを占めた。
応仁の乱後に足利将軍が実権を失ってからは特に大きな勢力を誇ったが、やがて内紛や家臣筋の三好家・松永家の台頭によって衰退、実質的な滅亡を迎えた。

しかし、細川氏のうち和泉半国守護家の末裔である細川藤孝が、最後の室町将軍・足利義昭を擁立する過程で織田信長と出会い、のちにその家臣となったことから再興した。藤孝は本能寺の変にあっては本来上司であった明智光秀からの参戦要請を蹴って中立の姿勢を見せ、羽柴(豊臣)秀吉が台頭すると、息子の忠興がこれに臣従した。
関ヶ原の戦いに先立つ形で前田家が謀反の罪に問われそうになった際は、前田利家の娘を忠興の長男・忠隆の妻として迎えていたことから、細川家も巻き込まれそうになった。これに対して忠興は自ら家康のもとに赴いて釈明し、さらに三男を人質として送り、生き残りを図った。
後年のことになるが、忠隆は廃嫡され、徳川家のもとで数年を人質として過ごした三男――秀忠から一字をもらって忠利と名乗る――が細川家を継ぐことになった。忠隆は父との対立の末に勘当され、京で隠居生活を送った(のちに和解)。

結局、関ヶ原の戦い後に細川家は豊後国に29万9千5百石余りを与えられた。また、3代・忠利の代になって加藤家改易後の肥後国熊本54万石に入り、以後熊本藩。細川家として定着した。支藩として熊本新田藩・細川家3万5千石(江戸常駐の大名。明治に肥後へ入って高瀬藩となる)と宇土藩・細川家3万石が、支流として下野国茂木藩、常陸国谷田部藩、そして下野国茂木藩・細川家がある。

熊本藩の財政は当初安定していたものの、5代・綱利の時代には彼自身の派手好みの性格(庭園の造営や相撲の愛好など)に加えて時代の変化に対応しきれていなかったこともあり、財政危機に陥るようになった。また、7代・宗孝は江戸城において旗本に殺害される――しかも人違いだった――という事件まで起きている。この時期の熊本藩財政は「参勤交代の費用が尽きてしばらく道中で立ち往生した」ほどであったという。
そんな中、8代・重賢は宝暦の改革を行って一定の成果をあげ、江戸時代中期を代表する名君の一人と讃えられた。これによって一度は好転した熊本藩財政であったが、やがて再び悪化。幕末期には八十万両以上という膨大な借金を抱えることになった。

幕末期にはそれまでの藩政をリードしていた学校党(宝暦の改革でつくられた藩校・時習館の出身者)と、新しく台頭した横井小楠ら実学党の対立が激化している。この実学党は、宗教的側面の強かった熊本藩の勤王党に代わって革新派的な役割を示した勢力である。
横井小楠は熊本藩を離れて福井藩に迎えられ、幕末四賢侯の一人・松平春嶽のもとで活躍した人物であり、のちに坂本龍馬などとも交流している。

細川家(肥後細川家、近世細川氏)の歴代当主

  1. 細川藤孝
  2. 細川忠興
  3. 細川忠利
  4. 細川光尚
  5. 細川綱利
  6. 細川宣紀
  7. 細川宗孝
  8. 細川重賢
  9. 細川治年
  10. 細川斉茲
  11. 細川斉樹
  12. 細川斉護
  13. 細川慶順
  14. 細川護久

細川家(肥後細川家、近世細川氏)の分家

細川家(肥後細川家、近世細川氏)

└ 細川家(宇土細川家)

└ 細川家(高瀬細川家)

└ 細川家(谷田部細川家)

細川家(肥後細川家、近世細川氏)が藩主をつとめた藩の履歴

江戸幕府が樹立された1603年(慶長8年)から、廃藩置県が断行された1871年(明治4年)までの期間において、細川家の当主が藩主をつとめた履歴です。

小倉藩(香春藩、豊津藩)

1602年(慶長7年)〜1632年(寛永9年)

熊本藩

1632年(寛永9年)〜1871年(明治4年)

細川家(肥後細川家、近世細川氏)の家紋

  • 細川九曜(はなれ九曜)

    細川九曜(はなれ九曜)

このページに記載してある内容の大半は 榎本事務所に寄稿していただきました。ありがとうございます!
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

いくさの子 1―織田三郎信長伝 (ゼノンコミックス)

「花の慶次」や「北斗の拳」を描いた原 哲夫氏 作画、織田信長が主人公のコミック。
幼少期から物語はスタートし、11巻現在、桶狭間の戦い前までとスローペースな進展。おぉーい!信長の人生描ききれるかぁ?(笑)とちょっと心配ではある。
コミックですし、キャラクターは濃いので、気楽に楽しめます。

たなとすさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る