今治城
今治城

[愛媛県][伊予] 愛媛県今治市通町3-1-3


  • 平均評価:★★★★☆ 3.63(70位)
  • 見学時間:1時間10分(99位)
  • 攻城人数:1157(43位)

今治城のパンフレット

今治城管理事務所によって作成された今治城の公式パンフレットです。

提供:今治城管理事務所
提供:今治城管理事務所
今治城(いまばりじょう)の歴史
 今治城の地は瀬戸内海(せとないかい)に面し、「吹揚(ふきあげ)の浜(はま)」と呼ばれた砂丘地帯でした。
 築城の名手として名高い藤堂高虎(とうどうたかとら)は、関ヶ原(せきがはら)の戦功(せんこう)で伊予(いよ)(愛媛県)半国(はんごく)20万石を領し、慶長(けいちょう)7年(1602)にこの地に築城を開始しました。約6年の歳月をかけて慶長13年頃に完成したと考えられています。
 高虎はその直後、伊勢(いせ)・伊賀(いが)(三重県)に移り、今治城には養子の高吉(たかよし)が在城します。寛永(かんえい)12年(1635)には伊予松山(まつやま)城主松平(まつだいら)(本姓は久松(ひさまつ))定行(さだゆき)の弟の定房(さだふさ)が3万石で今治城主となり、明治維新(めいじいしん)まで続きました。
 明治時代になって城の建物は全て解体されましたが、城の中心部の石垣(いしがき)と内堀(うちぼり)がほぼ完全に残っており、昭和(しょうわ)28年(1953)に愛媛県史跡(しせき)に指定されました。現在では天守(てんしゅ)をはじめとする櫓(やぐら)・城門などの再建が進み、雄大な城郭の姿を見せています。
提供:今治城管理事務所

PDFで表示する

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

今治城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

[新装版]戦国武田の城

武田氏が進出していった山梨からはじまり長野、群馬、静岡、愛知の5県にわたる足跡を追った1冊です。どのように攻め進んだか動きがわかるのでおもしろいです。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る