稲村城
稲村城

[千葉県][安房] 千葉県館山市稲


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.27(--位)
  • 見学時間:1時間1分(--位)
  • 攻城人数:55(631位)

稲村城跡の案内板

稲村城跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

稲村城跡(いなむらじょうせき)
 稲村城は、室町時代の十五世紀後半から天文三(一五三四)年に里見家の内紛によって里見義豊(よしとよ)が滅ぼされるまでの前期里見氏の居城でした。
 ここは安房国の府中を押さえる位置にあり、里見氏による安房支配のための拠点でしたが、内紛を収めた分家の里見義堯が、本城を滝田・宮本方面へ移すと使用されなくなりました。そのため、戦国前期の城の姿がいまも残された、貴重な遺跡と評価されています。
 城の中心部は、東西五百m、南北五百mの丘陵で、山頂に広い主郭や土塁、三ケ所の堀切などがあります。北側と西側は急斜面の要害で、東側と南側には複雑に腰曲輪を重ねるなど、数多くの遺構が残されています。
 また、北の滝川は外堀の役割をもち、東・西・南を廻る丘陵は外郭の役割をはたして、東西約二km、南北約一、五kmにわたる大規模な範囲の城で、安房国の統治を主眼にした所堅固の城と考えられています。平成十年二月 里見氏稲村城跡を保存する会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

稲村城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

[新装版]戦国武田の城

武田氏が進出していった山梨からはじまり長野、群馬、静岡、愛知の5県にわたる足跡を追った1冊です。どのように攻め進んだか動きがわかるのでおもしろいです。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る