五龍城
五龍城

[広島県][安芸] 広島県安芸高田市甲田町上甲立


  • 平均評価:★★★★☆ 3.71(--位)
  • 見学時間:59分(--位)
  • 攻城人数:76(1312位)

五龍城跡の案内板

五龍城跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

広島県史跡 五龍城跡
指定年月日
一九七一年四月三十日
所在地
広島県高田郡甲田町上甲立五龍山
 五龍城跡は、甲立盆地の西南端の丘陵先端部山城で、南北朝期以後、毛利氏の防長移封までの約二百五十年間、宍戸氏の本拠として用いられた。
 宍戸氏は、常陸国宍戸(茨城県西茨城郡友部町)にいた宍戸朝家が、元弘三年(一、三三三)、足利尊氏と共に六波羅攻略に功があり、翌建武元年(一、三三四)に安芸守に任ぜられて甲立荘を領し、当初菊山中腹の柳ヶ城に入ったが、ここは城として不適当と考え元木山に城を移した。しかし、用水がないので、五龍王を勧請して祈願したところ、直ちに井水が湧出したので大変喜び山名を五龍山と改称した。
 城の遺構は、本村川と江の川に挟まれて半島状に延びる丘陵尾根上に、先端部を空堀で区画した約七〇〇mの範囲に広がっている。尾根上の郭は尾根を横切る三本の空堀によって三群にわかれ、毛利氏も幾度かこの城を攻めたが遂に落城させることができなかった。のち、天文二年(一、五三三)には八代城主隆家と毛利元就の娘との婚姻により両氏は和睦した。所領は約十五万石にも及んだという。
 九代元続は、慶長五年(一、六〇〇)毛利氏が防長二州に移封の際に、これに従い周防三丘(約一万二千石)に移った。                                 一九九〇年十二月
広島県教育委員会
甲田町教育委員会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

五龍城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫)

歴史好きな方であっても「世界史」と言われるとカタカナ文字だらけだったり、地域を跨ぐ国がいくつも栄衰したりで手が出し難いと思います。
一方「鉄砲伝来」とか「日本銀」のお話と言うと、ここ最近のテレビ番組でも特集が組まれたりしているので、もっと詳しく広い範囲で知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この本は対馬や琉球などの「日本と海外の境界地」を中心とした戦国期の歴史から民族の流れや需要と供給の変化などを知ることが出来ますよ。
なので読み進め方は最初から読むよりも興味のあるキーワードがある章から読み始め、最後に全体を通して読むのが良いと思います。
個人的なおすすめは第6章でざっくり言うと、豊臣秀吉の朝鮮出兵の本当の目的は?その結果世界(特にアジア圏)はどう変わったか?のお話です。

aries4muさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る