龍王山城
龍王山城

[奈良県][大和] 奈良県天理市田町


  • 平均評価:★★★★☆ 3.50(--位)
  • 見学時間:1時間48分(--位)
  • 攻城人数:79(985位)

龍王山城の案内板

龍王山城に設置されている案内板の内容を紹介します。

龍王山城(りゅうおうさんじょう)
 龍王山城(りゅうおうさんじょう)は、奈良盆地(ならぼんち)の東(ひがし)にそびえる竜王山頂上(りゅうおうさんちょうじょう)(標高(ひょうこう)五八五メートル)に築(きず)かれた山城(やましろ)である。城(しろ)の範囲(はんい)は北城(きたしろ)と南城(みなみしろ)に分(わ)かれ、奈良県(ならけん)に残(のこ)る城跡(しろあと)では最大級(さいだいきゅう)に含(ふく)まれ、信貴山城(しぎさんじょう)に次(つ)ぐ規模(きぼ)である。中世(ちゅうせい)・大和(やまと)の有力豪族(ゆうりょくごうぞく)である十一氏(といちし)の山城(やましろ)として発達(はったつ)した龍王山城(りゅうおうさんじょう)は、十六世紀(せいき)に記録(きろく)が残(のこ)り、十一遠忠(といちとおただ)によって本格的(ほんかくてき)な城郭造(じょうかくつく)りがなされたものと思(おも)われる。
 郭(くるわ)を尾根筋(ねすじ)に沿(そ)って一列(いちれつ)に築(きず)いた連郭式山城(れんかくしきやましろ)の形態(けいたい)をもつ南城(みなみしろ)に比(くら)べて、北城(きたしろ)は本丸(ほんまる)の回(まわ)りに郭(くるわ)を配置(はいち)した環状式山城(かんじょうしきやましろ)で、石垣(いしがき)の跡(あと)も各所(かくしょ)に残(のこ)すなど、城郭(じょうかく)の特徴(とくちょう)では南城(みなみしろ)が古(ふる)い形態(けいたい)を保(たも)ち、北城(きたしろ)が後(あと)に築(きず)かれたものと考(かんが)えられる。龍王山城(りゅうおうさんじょう)は、天正(てんしょう)六年(ねん)(一五七八)に破却(はきゃく)されたが、日本(にほん)の中世(ちゅうせい)に築(きず)かれた山城(やましろ)の原形(げんけい)を良(よ)く留めており、城(しろ)の歴史(れきし)を知(し)るうえで貴重(きちょう)な遺跡(いせき)である。天理市教育委員会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

龍王山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

花鳥の夢 (文春文庫)

狩野永徳が主人公の時代小説です。 
永徳の人物像や時代背景、人間関係を掴むのに役立ちます。
また、「寺院別障壁画の見かた」も手元にあると、小説の中の障壁画作成場面がより臨場感を持って楽しめます。

十林寺さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る