竹ヶ鼻城
竹ヶ鼻城

[岐阜県][美濃] 岐阜県羽島市竹鼻町


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.33(--位)
  • 見学時間:20分(--位)
  • 攻城人数:64(547位)

竹ヶ鼻城跡の案内板

竹ヶ鼻城の本丸跡(推定値)に設置されている案内板の内容を紹介します。

羽島市指定史跡
竹ヶ鼻城跡
 竹ヶ鼻城は「美濃古城史」によると、応仁年間に竹腰伊豆守が築城したとある。
 天正九年(一五八一)城主不破源六は、一時荒廃していた城を拡大し、城の鬼門の守護神として八剣神社を遷座し、菩提所本覚寺を創立した。同一二年五月、小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉の水攻めにあい一か月後に開城した。
 最後の城主杉浦五左衛門は織田秀信(岐阜城主)の旗下にあり、慶長五年(一六〇〇)八月、関ヶ原の戦いで東軍の攻撃を受け、自害して城は炎上し、廃城となった。
 城跡の位置は、戦前は竹鼻町一五〇七番地(昭和六年県指定)戦後は竹鼻町丸の内三丁目四八番地の一(昭和三〇年市指定)となったが、これらは口承や地形、文献から推定したもので、石垣などの確証は未だ得られていない。
 今回、本丸の跡と刻む石標を、この地(竹鼻町二六二四番地の一)へ移したのは、すぐ道を挟んでお城地蔵尊(昭和二五年石標と共に町史跡保存会が建立)があることや、近年、城町開拓の文書資料から、この地の辺りを本丸の跡とみる新説が出され、今後の研究の進展を期待したことによる。平成八年七月 羽島市教育委員会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

竹ヶ鼻城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

[新装版]戦国武田の城

武田氏が進出していった山梨からはじまり長野、群馬、静岡、愛知の5県にわたる足跡を追った1冊です。どのように攻め進んだか動きがわかるのでおもしろいです。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る