木造城
木造城

[三重県][伊勢] 三重県津市木造町


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.60(--位)
  • 見学時間:15分(--位)
  • 攻城人数:97(1041位)

木造城址の案内板

木造城跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

Kotsukurijoshi 津市指定史跡
木造城址(こつくりじょうし)
 木造城は、一三六六(正平(しょうへい)二十一)年北畠権大納言顕能(きたばたけごんだいなごんあきよし)の三男顕俊(あきとし)が築城しました。顕俊は、木造氏(こつくりし)とあらため、初代城主としてこのあたり一帯を支配しました。現在の城址は一五二八(享禄元)年、七代城主木造俊茂(とししげ)が古城の北三〇〇メートルに新たに築き、一五八四(天正(てんしょう)十二)年城を明け渡すまでの五十六年間使われました。
 城は伊勢街道(いせかいどう)に近い交通の要路で、平城形式(ひらじろけいしき)で築かれています。周囲には沼などの低湿地(ていしっち)が広がり、防御がしやすい構造となっています。
 城下町では定期的な「市(いち)」が立ち、人と物資の交流がおこなわれていました。津市教育委員会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

木造城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

超約版 家康名語録

サイン本の企画で当選して、楽しく読ませてもらっています。家康の環境が段々と変化していくに連れて名言としてもより変化が感じられ、今まで知らなかった事がたくさんありました!
何より現代においての名言の活用内容なども書かれており、ただの歴史本と言うだけではない本でした

御城印好きさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る