東福寺城
607 東福寺城

[鹿児島県][薩摩] 鹿児島県鹿児島市清水町田之浦


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.36(724位)
  • 見学時間:44分(401位)
  • 攻城人数:37(815位)

東福寺城の案内板

東福寺城跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

東福寺城跡
東福寺城跡
 この付近一帯を多賀山講演といいます。東郷墓地付近から鳥越トンネルの上までの丘一帯が、東福寺城の跡といわれています。
 海側は絶壁で、他方の国鉄線路沿側も急な斜面になっているため、山全体が天然の山城となっています。
 この城は藤原純友から4代目にあたる長谷場永純が天喜元年(1053)に築いたものです。
 また、長谷場氏は、その頃の船着場の辺りに春日神社を建立したといわれています。
 また、三州(日向、大隈、薩摩)としては初めての城とされています。
 南北朝時代(1336〜1392)には、この城をめぐって激しい戦いが行われました。この頃、鹿児島を本拠にしていた長谷場、矢上、中村、上山、谷山の各氏は、南朝軍に加わり、出水の山門院から鹿児島入りした島津氏は、北朝軍に属していました。両者は激戦を続けましたが、1343年、5代島津貞久は、東福寺城を勝ちとり、鹿児島をおさめる根拠地としました。
 さらに勢力をのばした島津氏は、8代島津元久の時代に清水城に移りました。
 このようにして形成された守護町(上町地区)が、鹿児島発達のもとになりました。 鹿児島市
(贈)鹿児島中央ライオンズクラブ
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
表示の崩れや内容の補足・訂正があればぜひご指摘ください フィードバック
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

東福寺城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る