美濃金山城
美濃金山城

[岐阜県][美濃] 岐阜県可児市兼山字古城山1418番211


  • 平均評価:★★★★☆ 3.57(--位)
  • 見学時間:1時間5分(--位)
  • 攻城人数:1352(123位)

美濃金山城の城主メモ 最新順

麓の戦国山城ミュージアムで購入した縄張図トートバッグ、素敵。トイレありの出丸駐車場付近の登山道から本丸まで距離はありません。虎口、虎口、虎口。楽し過ぎる。

(2020/11/13訪問)

駐車場が4カ所あるので 普通車なら出丸駐車場まで行くのがおすすめです。
戦国山城ミュージアムに立ち寄る事をおすすめします。甲冑展示やグッズ販売しています。

(2020/02/21訪問)

石垣が多く残る城跡です。と言っても、破城の痕跡もあり他にも崩れている部分も多いようです。それでも登っている間に上を見上げれば残った石垣が見えるはずです。本丸には庭園跡を思わせるナチグロ?の石も局所的に転がってます。

(2020/10/06訪問)

皆さんのアドバイスにあるように車の場合、道は狭いですが対向車が来なければ、郡上八幡城よりは通り易いです。

(2020/09/21訪問)

一番上の駐車場まで行けば楽ですが道がかなり狭いです。

(2020/09/05訪問)

城戸坂の登山口から登城。道はかなりよく整備されていて、案内板も多く、まず迷うことはありません。訪問前に麓の観光交流館と、隣の戦国山城ミュージアムでパンフなどを入手していくといいと思います。

(2020/08/28訪問)

前回から9日程で二度目の登城です。
登り始めは少しキツいですが、山城初心者にはとても登りやすいと思います。

(2020/08/11訪問)

第一駐車場から登りました。頂上に木のテーブルと椅子がありましたので、気持ちの良い風に吹かれながら休憩できました。が、風雨にさらされて汚れているので、小さなシートを持っていくと良いです。

(2020/08/02訪問)

公共交通機関使用の方は注意。電車、バス共に本数少ない。明智駅より徒歩で向かったがコンビニもなかったので駅前の自動販売機で飲料を買うことをお勧めする。これから暑くなるので徒歩は注意。
マイカーだと楽に行ける。上からの眺めは格別。

(2020/06/23訪問)

蘭丸広場で「伝・蘭丸産湯の井戸」を見学してから、出丸に設けられた駐車場へ。ここから本丸までの比高は約50メートルで所要時間は10分程度。
各所に破城の痕跡が残る崩れた石垣が見られる。遺構はよく整備され、本丸からの眺望も良好。
搦手付近にある「左近屋敷跡」への道が見つからず断念したのが残念。

(2020/06/20訪問)

全国山城サミット可児大会に先駆けて登城。車で上まで上がると多数の石垣がある。麓のミュージアムも懇切丁寧だった。

(2019/11/08訪問)

下から見ると展望台の旗とあずまやが見えますがその先のPまで乗用車は入れます。

(2020/01/08訪問)

新型コロナウィルスの為、可児市観光交流館・戦国山城ミュージアムが臨時休館でした。続100名城スタンプは建物の外に置いてあります。

(2020/03/28訪問)

出丸下の駐車場から本丸跡まではすぐですが、途中の道は狭いのでゆっくり走行ですれ違いには気を付けてください。

(2020/03/27訪問)

城と、木曽川の川湊の関係を感じながら、景色を堪能できます。

第一駐車場から登城。片道20分ほど。きれいに整備されています。日当たりがよく、3月でも天気の良い日は汗だくになります。

(2020/03/13訪問)

可児市観光交流館(位置情報)で続100名城スタンプを押印し、出丸跡(位置情報)に駐車して攻城。各所に石垣が残っています、特に出丸下の石垣はちゃんとしています。城址東側に大堀切があります。攻城時、本丸跡で発掘調査をされていました。

(2020/03/04訪問)

出丸下の駐車場からすぐ本丸に行けます。
遺構は適度に整備されており、所々にある説明板は分かりやすく、曲輪跡や本丸石垣など楽しみながら散策できます。

(2020/02/20訪問)

あいにくの雨模様で車で上りましたが本丸でつかの間に雲海に浮かぶ山々とうっすら見える城下という幻想的な景色が見られて最高でした

(2020/02/16訪問)

運が良ければカモシカと出会えるかも!?

(2020/01/25訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

古城物語 (時代小説文庫)

櫓や門、井戸と言った遺構(場所もはっきりしないものもありますが)にまつわるエピソードとメインテーマにした作品。
全9話の短編(安土城の鬼門櫓・大阪城の天守閣・春日山城の多聞堂・名古屋城のお土居下・稲葉山城の一の門・熊本城の空井戸・姫路城の腹切丸・彦根城の廊下橋・鹿児島城の蘇鉄)
不条理で暗い物語が多いですが、攻城の際に現地で想いを馳せるのも一興かと。

遠里小野さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る