天神山城
天神山城

[富山県][越中] 富山県魚津市小川寺字天神山


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.62(--位)
  • 見学時間:35分(--位)
  • 攻城人数:30(1167位)

天神山城跡の案内板

天神山城跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

魚津市指定文化財 記念物(昭和三八年四月一日指定)

史跡
天神山城跡(てんじんやまじょうあと)
 魚津市街地の北東に位置し、天神山(標高一六三m)と呼ばれる独立丘陵上に築かれた山城です。山頂には、大きな二つの曲輪(郭)があり、本丸と二の丸に相当します。本丸の中央には、一段高く設けられた櫓台(やぐらだい)があり、魚津城を望むことができます。また、本丸の南側には、眼下を流れる片貝川(かたかいがわ)に沿って長大な土塁(どるい)が設けられています。さらに山頂から山腹にかけて、大小様々な平坦面や竪堀(たてぼり)が今も残っています。
 天正十年(一五八二)の「魚津城の戦い」では、上杉方の守る魚津城が織田方の軍勢に取り囲まれていた折、救援にかけつけた上杉景勝(うえすぎかげかつ)が、陣を敷いた城として知られています。
 天神山は、かつて「松尾山(まつおやま)」と呼ばれていましたが、室町幕府将軍足利義材(あしかがよしき)が都の乱を逃れて千光寺(せんこうじ)に身を寄せていた時に、持っていた天神像をこの山に祀(まつ)ったことから「天神山」に名を改めたと伝えられています。
 また、山頂からは弥生土器が見つかっており、二世紀後半におこった倭国大乱(わこくたいらん)に関係する遺跡とも考えられます。平成二二年九月 魚津市教育委員会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

天神山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

見てきたように絵で巡る ブラッとお江戸探訪帳 (講談社文庫)

江戸時代の生活や旅行など日常を、当時書かれた絵図を随所随所に入れながら、解説してくれます。江戸風俗本や、暮らし本が好きなのですが、絵図も一緒にあると想像が補えていいですね。絵図をきちんと見たいなら、電子書籍じゃない方が見やすいかも。

コースケ)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る