撫川城
撫川城

[岡山県][備中] 岡山県岡山市北区撫川


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.06(--位)
  • 見学時間:31分(--位)
  • 攻城人数:85(407位)

撫川城の案内板

撫川城跡に立てられている案内板の内容を紹介します。
案内板は現存門をくぐって右手にあります。

岡山県指定史跡
撫川城跡
 撫川城は泥沼の地に築かれた典型的な「沼城(ぬまじろ)」です。城の平面形状は、東西七十七メートル、南北五十七メートルの長方形を示し、幅十五メートルの濠がぐるりを巡っています。西半に高さ四メートル強の高石垣(野面積み)と東半には土塁が現存しています。また北西隅には、櫓台と思われる石垣の張り出しが見られます。
 この城は永禄二(一五五九)年に備中成羽城主三村家親が、備前の宇喜多直家の侵攻に備えて築城したといわれています。備中高松の役(天正十〔一五八〇〕年)には毛利方の国境防備の城「境目七城」の一つとなり、当時の城主井上有景と秀吉軍との間で激戦が交わされました。その後は宇喜多の支配下になり廃城となりましたが、江戸時代に戸川氏の領するところとなりました。
 戸川氏は安風(やすかぜ)(四代目)で断絶しますが、その弟達富(みちとみ)が撫川領分を継ぎ「庭瀬城」の本丸・二の丸に知行所を設けました。撫川城跡と庭瀬城跡とに呼び分けられていますが、もともとは一体の城だったのです。
 なお、入口に現存する門は、撫川知行所総門を明治になって現在地に移築したものと伝えられています。
 昭和三十(一九五七)年五月、県の史跡に指定されました。
 平成九年三月岡山市教育委員会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

撫川城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る