唐沢山城
唐沢山城

[栃木県][下野] 栃木県佐野市富士町


  • 平均評価:★★★★☆ 3.52(62位)
  • 見学時間:1時間4分(77位)
  • 攻城人数:1037(127位)

唐沢山城跡のパンフレット

佐野市教育委員会文化財課によって作成された唐沢山城跡の公式パンフレットです。

提供:佐野市教育委員会文化財課
唐沢山城跡にようこそ!
 自然が豊かな唐沢山一帯は、栃木県立自然公園に指定され、四季折々の散策やハイキングを楽しむことができます。山頂には、藤原秀郷をまつる唐澤山神社本殿が建ち、毎年正月には多くの初詣客で賑わいを見せるなど、古くから市民に親しまれてきた山でもあります。
 平安時代の末から佐野庄を統治した佐野氏が築いた唐沢山城は、標高242mの急峻な山頂を本丸として広範囲に城造りの跡が残っており、国指定史跡の面積は194haにのぼる大規模なものです。山頂付近では、各方面に延びる尾根上に曲輪(くるわ:石垣や堀などを設けて場内を区画した敷地)がいくつも配置されています。本丸跡には、西側には虎口(こぐち:出入り口)があり、縄文の礎石も残っています。本丸や南城周辺では、400年以上前に築かれた高さ8mを超える貴重な高石垣が訪れる人々を出迎えてくれます。これらの石垣は、安土桃山時代のもので、関東地方には珍しく豊臣方の高度な石垣技術を導入して積まれたものです。これら石垣を多用した中心部から周辺へ目を向けると、唐沢山城は、土づくりの時代があったことを示す堀や土塁が山内に広がっており、戦国各期に手がけられたいにしえの城の様子を偲ぶことができます。
 築城の時期については、藤原秀郷が天慶5年(942)年に築いたとする伝承もありますが、現在のところ、この時代の資料や跡は確認されていません。関東地方では、応仁の乱に先駆け享徳の乱が勃発(1454)しましたが、古河公方足利氏と関東管領上杉氏の対立による戦乱の中、各地の領主が防衛のために多くの城を築いていきました。僧侶が記した文明3年(1471)の日記に、「天命の上の山 佐野城」に関する記述があり、この頃、天命(明)の上(北)に山城がすでに築かれていたことがわかります。唐沢山城は、当時「佐野城」とよばれていたようです。唐沢山城は、要塞の地にあるため、関東制覇をもくろむ小田原の後北条氏や越後の上杉氏から度々攻められました。上杉謙信が佐野氏を配下にした時期には、重心を唐沢山上城に置いたこともあります。その後、謙信が死去し城主佐野宗綱が彦間で討死すると、北条氏が婿入りし唐沢山城を乗っ取りました。天正18年(1590)、城主の子で豊臣秀吉側近にもなった天徳寺宝衍(てんとくじ ほうえん)が城を奪還し、秀吉の重心富田氏の子信種を養子(佐野信吉)として城主に迎えました。本丸周辺の高石垣は、信吉の時代に築かれたと考えられます。このように、唐沢山城は、関東戦国史の中でもまれに見る争奪の舞台になり、各氏による城普請が繰り返され、大規模で堅牢な城へと造られていきました。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

唐沢山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ビジュアル百科 日本の城1000城 1冊でまるわかり!

すごく色々なお城が載っていて面白いです。
地方別に載っていたり、戦いのことも載っていたりするので読んでみてください。

七郎麿さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る