肥田城
肥田城

[滋賀県][近江] 滋賀県彦根市肥田町


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.45(--位)
  • 見学時間:20分(--位)
  • 攻城人数:47(743位)

肥田城跡の案内板

肥田城址に設置されている案内板の内容を紹介します。

肥田城跡
 肥田城は、宇曽川(うそがわ)をへだてて隣接する高野瀬城(豊郷町)を本拠とする土豪(土着の豪族)高野瀬隆重(たかのせたかしげ)が、江南を領した戦国大名六角氏の命により築いたと伝える平地城館(へいちじょうかん)です。以後、長く六角氏の配下にあった高野瀬氏でしたが、秀隆(ひでたか)の代に浅井長政と通じます。そのため、永禄2年(1559)の「肥田城の水攻め」、翌永禄3年の「野良田表(のらだおもて)の合戦」と、2度にわたり六角承禎の大規模な攻撃を受けましたが、浅井方の援軍により勝利しています。
 高野瀬秀隆亡き後、肥田城には織田信長・豊臣秀吉の下で蜂屋頼隆(はちやよりたか)・長谷川秀一(はせがわひでかず)が城主となって活躍しますが、秀一の病死とともに廃城になりました。
 江戸時代になり、肥田城の中心部分は開墾されて「上新田」「下新田」の美田に生まれ変わりましたが、その周辺には固有名を冠した屋敷や寺社に因んだ小字名が数多く確認され、家臣団の屋敷地や寺社が広がっていたと考えられます。また、現在、家々の建ち並ぶ「登町」「西町」「東町」は、城下町の町家が整備された区域でした。そして、これらの外周は、今も土塁と堀に囲まれています。宇曽川の水害に対する備えであるとともに、戦となれば肥田城と城下を守る役割も担っていたのでしょう。彦根市教育委員会 文化財部 文化財課
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

肥田城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

見てきたように絵で巡る ブラッとお江戸探訪帳 (講談社文庫)

江戸時代の生活や旅行など日常を、当時書かれた絵図を随所随所に入れながら、解説してくれます。江戸風俗本や、暮らし本が好きなのですが、絵図も一緒にあると想像が補えていいですね。絵図をきちんと見たいなら、電子書籍じゃない方が見やすいかも。

コースケ)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る