関宿城
関宿城

[千葉県][下総] 千葉県野田市関宿三軒家


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.79(--位)
  • 見学時間:53分(--位)
  • 攻城人数:512(222位)

関宿城のパンフレット

千葉県立関宿城博物館によって作成された関宿城の公式パンフレットです。

関宿城博物館は...
 関宿城博物館は、利根川と江戸川とに挟まれた野田市関宿三軒家のスーパー堤防上に建設され、川の歴史と文化を探る博物館として平成7年に開館しました。
 展示テーマは『河川とそれにかかわる産業』で、利根川流域に生きる人々の生活の歴史をわかりやすく紹介しています。
 利根川流域における洪水・治水の歴史や、河川によって育まれた産業や文化を「房総の河川」・「河川流域と伝統産業」という視点から紹介した常設展示と、近世の関宿藩について紹介した「関宿藩と関宿」とにより構成しています。
 また、房総の河川の歴史・民俗・土木技術に関することや近世関宿藩の歴史等について、調査研究や資料の収集保管を行い、その成果を企画展等の展示事業や講演会・講座等の普及事業をとおしてひろく紹介いたします。
 建物はかつての関宿城を模した天守閣を再現しており、4階の展望室からは利根川の流れや関東一円の山並みを一望することができます。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

関宿城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

日本から城が消える (歴史新書)

戦う事や統治のために建てられた城が、維新維新後にどのように扱われてきたのか、その役割の変遷とそのためにどのような管理や修復が行われたのかが書かれていて、今後のお城の買うようや保全について、タイトルの通り消えてしまうかも知れないという問題を投げかけた本です。
お城自体についての本ではなくその活用みたいな話なのですが、自分が普段楽しんでいるお城の背景を感じられました。

足軽くんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る