名古屋城
名古屋城

[愛知県][尾張] 愛知県名古屋市中区本丸1-1


  • 平均評価:★★★★☆ 3.80(30位)
  • 見学時間:1時間26分(26位)
  • 攻城人数:3964(4位)

名古屋城の城主メモ 最新順

御殿ができてからは初めて攻城しました。城や御殿、櫓、門など城内楽しめますが、金シャチ横丁という名古屋の味を楽しめる場所ができていて城に興味のない妻子からも喜ばれました。

(2020/10/30訪問)

前日夕方、入城時間を過ぎたため外周を散策。裏側にあたる堀跡・水堀・石垣、そして規模の大きさに圧倒されました。天守や御殿だけではなく外周散策もお忘れなく。

(2020/10/25訪問)

尾張徳川家の威光を感じることができます。

(2014/01/05訪問)

本丸御殿は見事です。広大な城郭で見所も多いです。しかも混んでいるので、時間に余裕を持って行く方がいいです。

(2020/01/13訪問)

観覧施設が多く、同時入場者数制限もあるので、早い時間の訪問が吉。

(2019/10/22訪問)

本丸御殿が出来ており中を見学できます。ただコロナの影響で天守は立入禁止になっていました。でも御三家筆頭の居城の規模の大きさを感じました。

(2020/08/15訪問)

欄間彫刻がすごくきれいです!!

天守には入れないですが復元御殿は素晴らしかったです。

(2020/07/22訪問)

本丸御殿は解放していますが、入場前の体温測定や入場制限など感染症対策はかなり徹底しています。

最後に訪問したのが本丸御殿完成前の時だったので、本丸御殿に入れて天守閣に入れないのは少し新鮮でした。市役所側にも物販コーナーが充実しており幅広い世代で楽しめる城ですね

(2020/07/18訪問)

入場制限で少人数ずつですが本丸御殿(車寄~上洛殿)に入れるようになってました。
公式ホームページで本丸御殿の待ち時間が表示されているので、見学の参考にすると良いかもしれません。

(2020/06/20訪問)

本丸御殿も見てみてください。復元ですが大戦で焼ける前に精密に記録を取ったらしいです。

やはり城の中に入れる時にいくべし。コロナよどこかへ飛んで行け!

(2020/03/22訪問)

今日は建物の屋根瓦に注目して散策しました。普段見落としていた装飾に気づき有意義な時間でした

(2020/03/24訪問)

本丸御殿は入場したら一度は見た方がいいですね。
繊細な飾り彫りが素晴らしい。

(2020/01/18訪問)

19年6月の訪問時には、堀の水を抜いて底に石材を並べてある状態でした。石垣補修作業中とのことですが、そのためだったかな。

(2019/06/08訪問)

ライトアップ撮影目的で攻城しましたが、駐車場が空いていません。しばらく車で空いている駐車場が捜しましたが見つからず、遠目から撮影して撤退。アングルが悪い為、投稿できそうもありません。

(2020/03/03訪問)

名古屋城のお迎え(?)名古屋城のお迎え(?)隊の方々が忍者として城内を歩きまわってくれています。(若君と呼ばれちゃいました)

(2020/03/07訪問)

新型コロナウイルス感染防止の爲、櫓・本丸御殿の参観は中止中ですが、普段閉められている雨戸が開放されて外から拝観可能です。(晴天日のみだそうです)

(2020/03/03訪問)

いまは天守閣は改修中でみれません。でも本丸御殿は見応えあります。25分待ちでした。

(2020/02/23訪問)

三の丸図書館脇の石垣にも刻印が沢山あります その近くの堀はごみが多く少し残念

(2020/02/15訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

新装版 日本名城伝 (文春文庫)

南は熊本城から北は五稜郭まで12の名城にまつわる人物や伝説・逸話を海音寺さんが時間軸に沿って語る。城の縄張りや建築にかかわる話はほとんどなく、人物・事件を通してその城を表現している。熊本城なら細川家の内紛や神風連の乱・西南戦争を述べながら「主義を固守して譲らない」肥後侍の気質を浮かび上がらせる。岐阜城の城主は斉藤道三以来一人を除いてみな不幸な死を遂げているとか、小田原城の歴史は災害史であるとか、通観してみてわかる特徴に、縄張りとはまた違った城の個性を感じられる。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る