岡城
岡城

[大分県][豊後] 大分県竹田市大字竹田2761


  • 平均評価:★★★★☆ 4.23(--位)
  • 見学時間:1時間32分(--位)
  • 攻城人数:1265(135位)

岡城の城主メモ 最新順

駐車場から最も遠い下原門跡までは訪れる人が少ないですが、築城時には正門だったそうで、戦国山城の雰囲気が残る趣のある場所です。また西の丸の奥の近戸門跡は遺構も眺望も良いうえ、そこから七曲りの坂を下ると山の湧水池があったりするのでオススメです。

(2020/12/06訪問)

各ポイントで解説を聞けるiPadを貸していただけました。

(2020/10/16訪問)

大分市から約50km。車で、1時間半は片道見た方が良い。しかし、高石垣を見た時、そんな徒労を忘れさせてくれる。

(2020/08/28訪問)

春夏秋冬、四季を感じるのに訪れたいです。かなり広くて歩くので水分補給など装備はしっかりとしましょう

(2019/04/28訪問)

こんなに巨大な城跡だとは思っていませんでした。高低差ありますし、ルートも一つではないので、制覇しようとすれば3時間くらいかかるかと。さすが「最強の城」でした。

(2020/08/07訪問)

「荒城の月」のモデルとなった山城。石垣が見事です。正門までくればあとは比較的平面で、気軽に散策できると思います。

(2020/04/05訪問)

無料駐車場に停め、観覧料を払い順路通りに巡った。本丸方面の石垣はもちろん素晴らしいが、家老屋敷跡、普請方跡、近戸門跡もぜひ。七曲りを下っても駐車場に着くが急な下り坂なので要注意。下り終わって振りあおぐと九十九折の石垣がまた絶景だった。

(2020/03/27訪問)

山の上にこんな総石垣造りの城が...。
素晴らしいの一言。
2時間は余裕を持った方がいいです。

(2020/03/26訪問)

水路や礎石等が多く残っていて面白い

(2020/03/02訪問)

豊後竹田駅から歩いて登城。あちこちに岡城への道を示す看板があるので、迷うことはない。トンネルを抜けた途端目の前に広がる
石垣が圧巻です。

(2020/02/09訪問)

子どもガイドさんがいました。

(2020/01/25訪問)

ゆっくり見て3時間弱、見応え有ります。

(2020/01/27訪問)

さすがはNHK最強の城に認定された城です
4時間いて全く飽きませんでした

(2020/01/09訪問)

豊後竹田駅の観光案内所でレンタサイクル(2時間¥300、電動アシスト)を借りて攻城。料金徴収所にてスタンプ、チラシゲット。(チラシは「攻城団のチラシが置いてある城」に書いてあるものとは違うものでした)城址はまあまあ広かったです。眺めもよく、九重連山や阿蘇山も見えました。

(2019/12/28訪問)

入場料を払っていただくパンフレットが巻物風。城内は広く見どころも多い。

(2019/11/18訪問)

駐車場は広い。駐車場にある受付で入城料を払い巻物をもらい坂道を登っていく。城内もかなり広くて見どころがたくさんあるので時間に余裕をもって攻城された方が良いです。下原門から入れるバスもあるので利用してみたい。

(2019/11/03訪問)

レンタカーにて。桜の季節に合わせて訪問。想像していた通りの素晴らしい景観。城跡が広いので、桜の季節でも西の丸から家老屋敷跡辺りは人が少ないのも良い。今一番好きな城跡です。本丸辺りは人も多いのでさらっと回り、2時間の滞在でした。

(2019/04/06訪問)

結構広いので、ゆっくりしっかりと見たいのでしたら2時間くらい予定したほうがいいかと思います。

(2019/07/20訪問)

石垣に圧倒されます。巻物状のパンフレットがユニークです。

(2019/09/12訪問)

とにかく広いのと、紅葉が素晴らしいお城です

(2014/11/29訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

超約版 家康名語録

サイン本の企画で当選して、楽しく読ませてもらっています。家康の環境が段々と変化していくに連れて名言としてもより変化が感じられ、今まで知らなかった事がたくさんありました!
何より現代においての名言の活用内容なども書かれており、ただの歴史本と言うだけではない本でした

御城印好きさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る