白村江(はくそんこう) 単行本(ソフトカバー)


デュラけんさん

朝鮮半島での白村江の戦いを題材にした小説です。
蘇我の蝦夷.入鹿、中臣鎌足、中大兄皇子が登場する大化の改新。
高句麗、百済、新羅の揺れ動く時代に、半島に攻めるべきでないというかう聖徳太子の教えを守るべきか、また、百済の悲劇の王子、余豊璋の人生に抗う姿が心に打たれます。
平壌城、漢城、など朝鮮半島のお城が出てきます。
日本のお城は出てきませんが、奈良の明日香村、愛媛の道後温泉、福岡の太宰府、長崎の対馬などがでてきます。
歴史では、この戦いのあとに、金田城、大野城、高安城などか築かれたので読んで見たかった書籍です。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 白村江(はくそんこう)
著者 荒山 徹
出版社 PHP研究所
発売日 2016-12-21
ISBN
  • ISBN-10 4569831044
  • ISBN-13 9784569831046
価格 2090円
ページ数 443ページ

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団はアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております

紹介されているお城

まだ登録されていません。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

神奈川中世城郭図鑑 (図説 日本の城郭シリーズ 1)

神奈川県にある中世城郭100城が紹介されています。
私のオススメポイントは、縄張り図が多数掲載されていることです。(精密縄張り図76枚)
中世城郭を攻城する時、縄張り図があると楽しさが拡がりますからとても重宝しています。
また本書では遺構の状態も詳しく解説されているので、攻城の際の予習復習に活躍間違いなし。

やすまろさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る