solitario(そりたりお)さん 奉行 サポーター   フォロー

自己紹介
何といっても信長派、関ヶ原では西軍にエールを贈り、
片倉小十郎や直江兼続、島左近、豊臣秀長ら優れたナンバー2に魅力を感じる。
山中に眠る野面積みのいかつい石垣が大好物。
こんな感じの人、結構いっぱいいるのかも…

solitarioさんのタイムライン

solitarioさん が最近のひとことを更新しました(2023-12-22)

皆さまこんばんは。
昨日アップした末森城の「ダイナミックな空堀」の写真が実は末森城ではなく岩崎城の写真でした。
それも岩崎城の記録に同じ写真をアップしていました。
おそらく同じ写真と分かっていてあっぱれをくださった心優しい団員の皆さまありがとうございました。
そしてあっぱれをくださった皆様には申し訳ないのですが間違っていた写真は削除させてもらいました。
こちらが末森城の空堀です(笑)
神社の周りをぐるっと取り巻いている見事な空堀ですが、岩崎城のものと比べあまり整備はされておらず雑然としています。
それでも織田家本城の遺構と思うと感慨深いものがありました。
寒い日が続いていますが皆さま身体に気をつけて攻城に励んでください。

solitarioさん が  末森城(愛知県名古屋市) の写真をアップしました(2023-12-21)

織田本城アピール強めの案内板
織田本城アピール強めの案内板

solitarioさん が  末森城(愛知県名古屋市) の写真をアップしました(2023-12-21)

城山八幡宮境内案内
城山八幡宮境内案内

solitarioさん が  岩崎城(愛知県日進市) の写真をアップしました(2023-12-21)

空堀
空堀

solitarioさん が  岩崎城(愛知県日進市) の写真をアップしました(2023-12-21)

城跡案内板
城跡案内板

solitarioさん が  岩崎城(愛知県日進市) の写真をアップしました(2023-12-21)

模擬天守
模擬天守

solitarioさん が  末森城(愛知県名古屋市) を攻城しました(2023-12-21)

城山八幡宮の周りを空堀が取り巻いています。

solitarioさん が  岩崎城(愛知県日進市) を攻城しました(2023-12-21)

星ヶ丘駅から名鉄バスが便利ですが駅2番出口を出たところの大きなターミナルは市バスのりばです。横断歩道を挟んで西側が名鉄バスのりばでこちらから乗ります。

solitarioさん が  城岸寺城(大阪府堺市) の写真をアップしました(2023-11-21)

堀跡の城岸寺公園
堀跡の城岸寺公園

solitarioさん が  城岸寺城(大阪府堺市) の写真をアップしました(2023-11-21)

城岸寺門前の案内板
城岸寺門前の案内板

solitarioさん が  小谷城(大阪府堺市) の写真をアップしました(2023-11-21)

城跡碑
城跡碑

solitarioさん が  小谷城(大阪府堺市) の写真をアップしました(2023-11-21)

案内板
案内板

solitarioさん が  綾井城(大阪府高石市) の写真をアップしました(2023-11-21)

専称寺山門と城跡標柱
専称寺山門と城跡標柱

solitarioさん が  綾井城(大阪府高石市) の写真をアップしました(2023-11-21)

専称寺の堀
専称寺の堀

solitarioさん が  家原城(大阪府堺市) の写真をアップしました(2023-11-21)

城跡碑横の案内板
城跡碑横の案内板

solitarioさん が  家原城(大阪府堺市) の写真をアップしました(2023-11-21)

城跡碑
城跡碑

solitarioさん が  城岸寺城(大阪府堺市) を攻城しました(2023-11-20)

solitarioさん が  小谷城(大阪府堺市) を攻城しました(2023-11-20)

solitarioさん が  綾井城(大阪府高石市) を攻城しました(2023-11-20)

専称寺駐車場は寺の東側と南側にあります。いい感じの堀を見るだけでも訪れる価値があると思います。

solitarioさん が  家原城(大阪府堺市) を攻城しました(2023-11-20)

大池前交差点の一角に城跡碑があります。家原大池公園の駐車場からすぐ近くです。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

いくさの子 1―織田三郎信長伝 (ゼノンコミックス)

「花の慶次」や「北斗の拳」を描いた原 哲夫氏 作画、織田信長が主人公のコミック。
幼少期から物語はスタートし、11巻現在、桶狭間の戦い前までとスローペースな進展。おぉーい!信長の人生描ききれるかぁ?(笑)とちょっと心配ではある。
コミックですし、キャラクターは濃いので、気楽に楽しめます。

たなとすさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る