じえすか守()さん 家老   フォロー

最近、週1は山城に行かないと落ち着かなくなってきました…

じえすか守さんのタイムライン

じえすか守さん が  大門北城(茨城県常陸太田市) の写真をアップしました(2024-02-21)

しっかり解説板あり
しっかり解説板あり

御覧のとおり、曲輪が乱立するかなり大規模な山城です

じえすか守さん が  久慈城(茨城県日立市) の写真をアップしました(2024-02-21)

城山全景
城山全景

この山が久慈城。かつて佐竹氏の水軍拠点だったとのこと。浪漫ですね。

じえすか守さん が  大門南城(茨城県常陸太田市) を攻城しました(2024-02-20)

じえすか守さん が  大門北城(茨城県常陸太田市) を攻城しました(2024-02-20)

じえすか守さん が  久慈城(茨城県日立市) を攻城しました(2024-02-20)

じえすか守さん が  御前山城(茨城県城里町) の写真をアップしました(2024-02-11)

西側の遺構(堀&土橋)
西側の遺構(堀&土橋)

遺構は東側に連続して遺るものの、西側(搦手でしょうか)に抜ける際にも堀、土橋、土塁の3点セットあります。
是非周遊ルートで見学を!

じえすか守さん が  御前山城(茨城県城里町) の写真をアップしました(2024-02-11)

虎口
虎口

頂き部に着けばあとはほぼ平坦。
かなり迫力ある土塁にら守られた虎口がしっかり遺ります。

じえすか守さん が  御前山城(茨城県城里町) を攻城しました(2024-02-11)

じえすか守さん が  石神城(茨城県東海村) の写真をアップしました(2024-02-03)

遺構フルコース
遺構フルコース

手前は土塁、空堀から立ち上がる郭、左端には土橋。中世遺構のフルコースでございます。

じえすか守さん が  石神城(茨城県東海村) の写真をアップしました(2024-02-03)

遠見城最北端
遠見城最北端

深く鋭い空堀が3叉に接続しており圧巻のスケール!

じえすか守さん が  石神城(茨城県東海村) を攻城しました(2024-02-03)

じえすか守さん が  山方城(茨城県常陸大宮市) の写真をアップしました(2024-01-27)

鋭角に曲がる堀
鋭角に曲がる堀

分かりづらいかもです…鋭角に来れる堀筋は男も女も惚れる浪漫、ですよね?

じえすか守さん が  山方城(茨城県常陸大宮市) の写真をアップしました(2024-01-27)

南側主郭虎口
南側主郭虎口

素直な直線虎口。目に見える古の息吹はいつ、どこで見ても震えますよね。

じえすか守さん が  山方城(茨城県常陸大宮市) の写真をアップしました(2024-01-27)

主郭北の堀&土塁
主郭北の堀&土塁

山の地形を更に堀と土塁でガッチリさん。見上げるような防壁となっていて大変ヨシ

じえすか守さん が  山方城(茨城県常陸大宮市) の写真をアップしました(2024-01-27)

山城部主郭北側の虎口土橋
山城部主郭北側の虎口土橋

坂になった土橋で、その横には立派な土塁も控え、立体的な防御機構を感じられます。

じえすか守さん が  山方城(茨城県常陸大宮市) を攻城しました(2024-01-27)

じえすか守さん が  小田原城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2024-01-22)

茶壺曲輪の鉢巻石垣?
茶壺曲輪の鉢巻石垣?

近世の立派な建物と中世を感じるこうした遺構のコントラストが実に素晴らしき

じえすか守さん が  小田原城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2024-01-22)

常磐木門
常磐木門

本丸を守る大門。素晴らしい貫禄の櫓門で圧倒されます!

じえすか守さん が  小田原城(神奈川県小田原市) を攻城しました(2024-01-22)

じえすか守さん が  笠間城(茨城県笠間市) の写真をアップしました(2024-01-11)

体力派の貴方へ
体力派の貴方へ

天守曲輪南東側、石倉というエリアから鎖場を越えて天守に上がるルートがあります。神秘的な巨石もあり、石段とはまた違った趣の登城が出来ますので、体力派なら是非。なお、立入禁止区域に直結ですので、上がったらそのまま降りましょう。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 (日経文芸文庫)

嘉吉元年1441年、時の将軍足利義教が赤松一族に殺される、いわゆる、嘉吉の乱からはじまる物語です。
播磨、備前、美作の守護を領していた大大名が、何故時の将軍を討ったのか、結果、討ち滅ぼされてから、お家再興のため、悪党と呼ばれながらも時代の流れに抗う様が描かれております。
昔よくいったお祭り、奇祭さいれん坊主が赤松一族の霊を弔うものとは知りませんでした。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る