弥助()さん 侍大将   フォロー

姫路城付近で育ったこともあり、中世の城に興味を持ちました。
幼少期にプラモデルを作ったこともあり、天守、櫓はもとより城郭に興味を持ち、大人になってからは特に石垣に魅せられ天守が無くとも周辺の地形や城跡を散策しながら、遠く戦国の世に思いを馳せております。
この様な趣味を共有する場を探しているなかで、たまたま攻城団を見つけ、入団させていただきました。
特にバッジの発想が面白いですし、色々とモチベーションもあがります。
また、皆さんの投稿も大変興味深く、楽しく拝見させて頂いております!
今後ともろよしくお願い致します!!

弥助さんのタイムライン

弥助さん が  明石城(兵庫県明石市) の写真をアップしました(2019-10-08)

特設能舞台
特設能舞台

弥助さん が  明石城(兵庫県明石市) を攻城しました(2019-10-08)

天守台石垣付近の木が散髪されて、美しい石垣の全景が見れます!

弥助さん が  高知城(高知県高知市) を攻城しました(2019-10-02)

弥助さん の読者投稿欄「「幻の三天守」バッジをつくるとして、安土城と江戸城ともうひとつ選ぶとしたらどこのお城ですか?」への回答が公開されました(2019-08-01)

小田原城
全盛を誇っていた頃の総構えが見てみたいです!

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-29)

安土城復元模型 下から
安土城復元模型 下から

天主の分割した内部構造です。下構造部は吹き抜けになっていて心柱が通っていることが良くわかります。

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-29)

安土城復元図
安土城復元図

内藤昌(名古屋工大教授)氏による復元図

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-29)

安土城復元模型 分割した状態
安土城復元模型 分割した状態

内部構造まで忠実に再現してあり、心柱構造であることがよくわかります。
職員の方に言えば模型を分割してもらえますよ!

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-29)

安土町城郭資料館 安土城復元模型
安土町城郭資料館 安土城復元模型

20分の1スケールの分割式模型が見たくて行ってきました!

弥助さん が  彦根城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2019-07-20)

ひこにゃん♡
ひこにゃん♡

娘が一目見たいと言うので攻城そっちのけで出待ちしました!
その甲斐あって可愛い1ショットが撮れました。
これを機に娘も城に興味を持ってくれたらと期待しましたが
ダメでした。
それと撮影した写真をHDD故障とともに消失してしましました(トホホ)
時間を作って再度攻城したいと思います。

弥助さん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2019-07-20)

リの二渡櫓修復工事
リの二渡櫓修復工事

リの二渡櫓の瓦葺きを真近に見学することができました。
漆喰で補修され新しくなった光景はとても新鮮でした。

弥助さん が  彦根城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2019-07-18)

摠見寺からの景色(琵琶湖方面)
摠見寺からの景色(琵琶湖方面)

信長もこの景色を見てたのでしょうか。

弥助さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、三重県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が公開されました(2019-07-16)

①伊賀上野城
②津城
③再現安土城(伊勢忍者キングダム内)

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-12)

天守台 案内板
天守台 案内板

こう見ると変則的な六角形であることが良くわかります。
案内板が少し朽ちています。

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-12)

天守台 入口方向
天守台 入口方向

この礎石の上にどうやって柱を立てたのか、
もう一度火天の城を見てしまいました。

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-12)

黒金門案内板
黒金門案内板

弥助さん がプロフィールを更新しました(2019-07-12)

姫路城付近で育ったこともあり、中世の城に興味を持ちました。
幼少期にプラモデルを作ったこともあり、天守、櫓はもとより城郭に興味を持ち、大人になってからは特に石垣に魅せられ天守が無くとも周辺の地形や城跡を散策しながら、遠く戦国の世に思いを馳せております。
この様な趣味を共有する場を探しているなかで、たまたま攻城団を見つけ、入団させていただきました。
特にバッジの発想が面白いですし、色々とモチベーションもあがります。
また、皆さんの投稿も大変興味深く、楽しく拝見させて頂いております!
今後ともろよしくお願い致します!!

弥助さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-07-11)

大手道
大手道

弥助さん が  今治城(愛媛県今治市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-07-02)

弥助さん が  丸亀城(香川県丸亀市) を攻城しました(2019-07-02)

弥助さん が  大阪城(大阪府大阪市) を攻城しました(2019-07-02)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

八本目の槍

豊臣秀吉と柴田勝家の雌雄を決した賤ヶ岳の戦い。この戦いで活躍した、賤ヶ岳七本槍のメンバーのその後の人生と、八本目の槍、石田三成との人間模様を描いた物語です。
福島正則、脇坂安治、片桐且元、平野長泰、加藤清正、糟屋武則、加藤嘉明、7人のひとりひりの小姓時代の呼び名で物語が構成されてます。

それぞれが違う生い立ちの中、豊臣秀吉の小姓として見出され、天下分けめの関ヶ原の戦いで、東軍についたもの、負けるとわかっていても西軍についたもの、その後の世の中の流れを見据えた石田三成が、それぞれ7人に思いを寄せ、奔走した様が描かれており、石田三成の戦旗に記された意味が読み取れます。

本の帯にある通り、この小説を読み終えた時、その男石田三成を、大好きになりました。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る