ちゃんくま()さん 大老 サポーター   フォロー

群馬県在住
夫婦で城巡りを楽しんでいます。
100名城:95城+5城=100!!
続100名城:73城+3城+8城
その他の城跡:約 250城+15城     令和2年11月 現在

城巡りのきっかけは群馬にゆかりのある真田一族の歴史の跡をたどるところから始まりました。

昔のままの様子が残った山城を上るのがいいですね。攻城団の情報をいつも参考に攻城しています。

ちゃんくまさんのタイムライン

ちゃんくまさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2021-05-16)

本丸搦手虎口
本丸搦手虎口

搦手虎口も内枡形の虎口になっています。

ちゃんくまさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2021-05-16)

本丸虎口
本丸虎口

本丸への直進を阻むため屈曲した内枡形になっています。

ちゃんくまさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2021-05-16)

本丸大石段
本丸大石段

この石段を登ると本丸の虎口があり、本丸へと続きます。

ちゃんくまさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2021-05-16)

大手門を入り南の丸に向かう(日月池の下の高石垣)
大手門を入り南の丸に向かう(日月池の下の高石垣)

大手門を入ると長く高い石垣が続きみごとです。

ちゃんくまさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2021-05-16)

大手門跡
大手門跡

ちゃんくまさん が  沼田城(群馬県沼田市) を攻城しました(2021-05-03)

ちゃんくまさん が  名胡桃城(群馬県みなかみ町) を攻城しました(2021-05-03)

ちゃんくまさん が最近のひとことを更新しました(2021-05-03)

日帰りで地元群馬県内のお城巡りをしてきました。後から追加で増えた「猿ヶ京城」の攻城をもって500城達成で「大老」になりました!!!その他、攻城済で御城印をもらっていなかった、白井城・沼田城・名胡桃城・中山城を再攻城して御城印をゲットしてきました。写真は赤谷湖の対岸からの古城閣ホテル。(猿ヶ京城)

ちゃんくまさん が  猿ヶ京城(群馬県みなかみ町) を攻城しました(2021-05-03)

猿ヶ京湖城閣ホテル内の堀切を確認。深くて幅も広く残っていました。ホテルの駐車場の隅に案内板も設置してあります。日帰り温泉(1000円)からホテル下に切りたった崖の下の赤谷湖が見えます。

ちゃんくまさん が  西条城(徳島県阿波市) を攻城しました(2021-04-26)

ちゃんくまさん が  脇城(徳島県美馬市) を攻城しました(2021-04-26)

秋葉公園の後の神社の階段を登りコンクリートのきつい傾斜の坂道を5分ほど登ると脇城の案内の矢印が立っている。虎口と思われるところから進むと左側が土塁や一段高い郭の跡のようなところあり。更に少し進み右の奥まった所に数メートルの高さの石垣を確認。
秋葉公園は土塁で囲まれていた。

ちゃんくまさん が  牛岐城(徳島県阿南市) を攻城しました(2021-04-26)

ちゃんくまさん が  川島城(徳島県吉野川市) を攻城しました(2021-04-26)

ちゃんくまさん が  仁宇城(徳島県那賀町) を攻城しました(2021-04-26)

ちゃんくまさん が  仁宇山城(徳島県那賀町和食町) を攻城しました(2021-04-26)

ちゃんくまさん が  海部城(徳島県海陽町) を攻城しました(2021-04-26)

ちゃんくまさん が  撫養城(徳島県鳴門市) を攻城しました(2021-04-26)

ちゃんくまさん が  大西城(徳島県三好市) を攻城しました(2021-04-25)

ちゃんくまさん が  岡豊城(高知県南国市) を攻城しました(2021-04-25)

歴史民俗資料館はコロナで、閉館中ですが、受付でスタンプはもらえます。資料館に隣接の城山で、詰、ニノ段、本丸跡、三の段、四の段、伝厩跡などや、竪堀跡など見どころ多く土の城を楽しめました。
石碑がとても大きく見上げる感じが迫力あり。

ちゃんくまさん が  中村城(高知県四万十市) を攻城しました(2021-04-25)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る