hiro.E()さん 家老 サポーター   フォロー

令和がスタートしました。北九州お城巡りも無事終了。まだまだ行きたいところがあるのですが、次回にお預けですね。2日に鶴崎→大友氏館→府内城→中津城→小倉城。3日に福岡城→久留米城。4日に熊本城。黒田・細川・加藤清正縁の城が中心となりました。さすが築城の名手達だけあって、石垣が素晴らしかったです。熊本城は20年以上かかる気がします。3年経って手つかずの場所もあって衝撃でした。復元に熱心だっただけあって、復興中心となるのは残念ですが、丁寧に細心の注意を払って再建している様子がよくわかりました。遠いのでなかなか行く機会がないのですが、復興なった際には必ず再訪します。

hiro.Eさんのタイムライン

hiro.Eさん が  岩尾城(兵庫県丹波市) を「行きたいお城」に登録しました(2024-05-26)

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

堀切(北側)
堀切(北側)

右手が主郭で石碑が見えます。左手が4郭

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

尾根筋より城址東側を望む
尾根筋より城址東側を望む

正面の城塁は4郭で手前に堀切、4郭の向こう側の堀切を挟んだ先は主郭城塁。

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

堀切(南側)
堀切(南側)

左手が主郭、右手が4郭。撮影場所の背後は竪堀があります。

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

2郭
2郭

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

登城路途中の眺望
登城路途中の眺望

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

堀切(南側)
堀切(南側)

左手が4郭、右手が尾根筋

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

堀切(北側)
堀切(北側)

右手が4郭、左手が尾根筋

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

竪堀(北側)
竪堀(北側)

主郭南側に掘られた竪堀

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

堀切(北側)
堀切(北側)

右手が主郭、左手が4郭

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

主郭(西側)
主郭(西側)

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

城址碑
城址碑

主郭にあります。

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) の写真をアップしました(2024-05-11)

3郭
3郭

建物はかつて存在していた宗教施設跡

hiro.Eさん が  中西城(徳島県三好市) を攻城しました(2024-05-11)

主郭に青石の石碑があります。主郭南側の竪堀と東側にある2本の堀切は必見です。

hiro.Eさん が  畑山城(徳島県阿南市) の写真をアップしました(2024-05-05)

2郭城塁の石積
2郭城塁の石積

hiro.Eさん が  畑山城(徳島県阿南市) の写真をアップしました(2024-05-05)

2郭城塁の石積
2郭城塁の石積

hiro.Eさん が  畑山城(徳島県阿南市) の写真をアップしました(2024-05-05)

城址全景(北側)
城址全景(北側)

左側のコンクリート壁と城址の間に細い道がありそこから登城します。車の置くところに困る城址ですが、たまたま手前の更地を重機でならしていた方がいて、その方に駐車許可をいただきました。

hiro.Eさん が  畑山城(徳島県阿南市) の写真をアップしました(2024-05-05)

登城路
登城路

hiro.Eさん が  畑山城(徳島県阿南市) の写真をアップしました(2024-05-05)

池

池の西側が城址です。

hiro.Eさん が  畑山城(徳島県阿南市) の写真をアップしました(2024-05-03)

3郭より1・2郭を望む(南側)
3郭より1・2郭を望む(南側)
このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

蝮の孫 (幻冬舎時代小説文庫)

誰の事か大体分かると思います。
さらに思うことは「え、小説になるの?」ではないでしょうか?
ご心配にはおよびません。一気に読み終わるほど面白かったので。
どんな物語になるのか、あらかじめ想像してから読んで欲しいと思います。

あ、あくまでも小説です。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る