ゴルゴン()さん 奉行 サポーター   フォロー

☆日本100名城100/100 登城!
続日本100名城028/100 登城!
総お城登城数 415城程。
東京都・山梨県・神奈川県の城はコンプリート(攻城団登録の城)
次は埼玉県と静岡県のコンプリートを目標にしています。
「三度の飯より石垣が好き」石垣派。
ブログやってます:「ゴルゴンの登城備忘録」http://gorgon.hatenablog.jp/

ゴルゴンさんのタイムライン

ゴルゴンさん が最近のひとことを更新しました(2020-10-25)

河村城の御城印を貰いに、山北観光協会へ行って来ました。
その後、せっかくなので河村城を軽く攻城しました。
観光協会の方の話しでは、河村新城の御城印作成の話が持ち上がっているとか、いないとか?(今後に期待)

ゴルゴンさん が  河村城(神奈川県山北町) を攻城しました(2020-10-25)

御城印目的で再攻城。
茶臼郭と本城郭周辺の障子堀を眺めニヤニヤしながら下城し帰路につきました。

ゴルゴンさん が  河村城(神奈川県山北町) の写真をアップしました(2020-10-25)

大庭郭張出~馬違戸間の堀切
大庭郭張出~馬違戸間の堀切

城の東端にある大堀切です。

ゴルゴンさん が  河村城(神奈川県山北町) の写真をアップしました(2020-10-25)

大庭郭展望台からの城址風景
大庭郭展望台からの城址風景

ゴルゴンさん が  西方城(栃木県栃木市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-24)

ゴルゴンさん が  千本城(千葉県君津市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-18)

ゴルゴンさん が  浪岡城(青森県青森市) の写真をアップしました(2020-10-14)

内館西側の虎口
内館西側の虎口

内館は本丸のような場所なので、堀と切岸がしっかりとしていました。

ゴルゴンさん が  浪岡城(青森県青森市) の写真をアップしました(2020-10-14)

内館(本丸)広場
内館(本丸)広場

ゴルゴンさん が  浪岡城(青森県青森市) の写真をアップしました(2020-10-14)

北館の土塁跡
北館の土塁跡

高さこそありませんが…。

ゴルゴンさん が  新井鳥坂城(新潟県妙高市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-11)

ゴルゴンさん が  麻場城(群馬県甘楽町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-08)

ゴルゴンさん が  九戸城(岩手県二戸市) の写真をアップしました(2020-10-04)

本丸南側の堀と石垣
本丸南側の堀と石垣

資料によると、九戸城落城直後に蒲生氏郷によって積まれたとの事。

ゴルゴンさん が  九戸城(岩手県二戸市) の写真をアップしました(2020-10-04)

本丸南側の虎口
本丸南側の虎口

ゴルゴンさん が  九戸城(岩手県二戸市) の写真をアップしました(2020-10-04)

本丸追手虎口付近の堀
本丸追手虎口付近の堀

橋の上から南を向き撮影。

ゴルゴンさん が  弘前城(青森県弘前市) の写真をアップしました(2020-09-26)

いかすみ石
いかすみ石

面白い形をしています。

ゴルゴンさん が  弘前城(青森県弘前市) の写真をアップしました(2020-09-26)

「いかすみ石」と「刻字隅石」
「いかすみ石」と「刻字隅石」

天守(三重櫓)下の隅石についての記述です。

ゴルゴンさん が  弘前城(青森県弘前市) の写真をアップしました(2020-09-26)

移動された天守(三重櫓)
移動された天守(三重櫓)

移動後のこの姿を写真に収めたかった。

ゴルゴンさん が  三戸城(青森県三戸町) の写真をアップしました(2020-09-24)

城北側の切岸
城北側の切岸

ゴルゴンさん が  三戸城(青森県三戸町) の写真をアップしました(2020-09-24)

三戸城・城址碑
三戸城・城址碑

ゴルゴンさん が  久慈城(岩手県久慈市) の写真をアップしました(2020-09-24)

久慈城説明看板
久慈城説明看板
このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

【新装版】 戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE

戦国武将100人の家紋・旗・馬印がオールカラーで掲載されています。
家紋は定紋の他に裏紋も掲載され、由来なども書かれているので勉強になりました。
陣旗・馬印はサイズ感が分かるように人物とともに描かれています。武将により個性あるデザインが面白く、これらの旗がひるがえっていた合戦場を想像するのは楽しいです。合戦絵図を見る際の資料としても参考になります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る