tu-ne()さん 家老 サポーター   フォロー

(未入力) 

tu-neさんのタイムライン

tu-neさん が  神宮寺城(茨城県稲敷市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-11-16)

tu-neさん が  島崎城(茨城県潮来市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-11-16)

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-16)

供養塔@資料室
供養塔@資料室

石製の供養塔は、山内上杉氏が上戸陣を張る際に空間を確保する為に井戸や堀に捨てられました。
元は、常楽寺やその周辺に建てられていました。
日曜のみ開館の資料室では、間近で出土物を見れ、解説もしてもらえます。

tu-neさん が  柏原城(埼玉県狭山市) を攻城しました(2019-11-15)

小規模ながら、横矢掛けの為の土塁を張り出させた主郭や、その周りを巡る高さ約5m、幅約10m程の堀や竪堀がかなりいい状態で残っておりお勧めです。
川越夜戦跡→河越館とセットで巡りました。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-14)

河越重頼・源義経・京姫供養塔@常楽寺
河越重頼・源義経・京姫供養塔@常楽寺

この地を拓いた河越重頼、重頼の息女の京姫(義経正室)、源義経の供養塔です。
墓地区域には、北条氏重臣の大道寺正繁の供養塔もあります。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-14)

土塁
土塁

山内上杉氏時代(又は大道寺氏の時代)のものです。
道路からよりも、西側からの方が木々で隠れていないため、土塁が良く見えます。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-14)

山内上杉氏陣所の堀跡
山内上杉氏陣所の堀跡

戦国時代に山内上杉氏が陣を敷いたときの堀跡です。
河越氏時代の堀と区別する為に、アスファルト舗装により平面的な表示になっています。
河越氏時代に比べ屈曲した複雑な配置です。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-14)

土塁
土塁

ゴルフ練習場脇の200m程の残存土塁の北端(写真右奥)から、西東に伸びる30m程の土塁です。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-14)

常楽寺と「河越館跡」石碑(右側)
常楽寺と「河越館跡」石碑(右側)

河越館跡地の南側の一画にあります。
元々は、河越氏の持仏堂だったそうです。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-13)

土塁と石碑
土塁と石碑

土塁の西側からの撮影。
史跡公園は土塁の奥(東側)です。
写真右に向けて約200mも現存しています。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-13)

塚状遺構
塚状遺構

河越氏が祖先を祀る霊廟や納骨堂であったと推定されています。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-13)

堀と道路跡
堀と道路跡

南側の河越氏時代の堀の南西部角を撮影しました。
堀は幅4m、深さ2mあったそうです。
堀(砂利の溜まっている部分)の外側を囲む土の部分は当時の道路跡で、中央部が踏み固められ幅が5m程あります。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-13)

河越氏時代の堀
河越氏時代の堀

13世紀頃の堀だそうです。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-13)

全景
全景

北側からの撮影。
写真左の小学校の1階には日曜のみ開館の資料室、中央の林は河越氏の持仏堂が発展した常楽寺、右側のゴルフ練習場脇には土塁が残っています。

tu-neさん が  河越館(埼玉県川越市) を攻城しました(2019-11-12)

日曜の10~15時は隣接の小学校内の資料室が開いています。パンフや出土物の展示もあり、この地の歴史をガイドしてもらえます。
堀跡や井戸跡のある史跡公園は閉園時間があるので確認して下さい。(Pアリ)。
西側ゴルフ練習場脇に200m程も残る土塁や、常楽寺にある北条氏重臣の大道寺政繁供養搭(秀吉の命でこの地で自刃したと云われています)がお勧めです。

tu-neさん が  川越城(埼玉県川越市) の写真をアップしました(2019-11-12)

川越夜戦跡@東明寺
川越夜戦跡@東明寺

日本三大夜戦が行われた北条VS上杉・古河連合軍の激戦地です。
時の鐘から徒歩7分程です。石碑の他には解説板があります。

tu-neさん が  浄泉寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2019-11-10)

御霊神社
御霊神社

近藤出羽守助実がこの地に移したと云われています。
この神社も城域内です。

tu-neさん が  浄泉寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2019-11-10)

遠景
遠景

北側の麓から見ると、高台になっているのが分かります。
写真背後には川が流れ、城域北側から西側にかけて自然の堀の役割をしていたと思われます。

tu-neさん が  浄泉寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2019-11-10)

解説碑(本堂脇)
解説碑(本堂脇)

解説には、
平安末期の武将・鎌倉権五郎景政の館であった事、天正初期には浄泉寺城と称し北条氏照の家臣・近藤出羽守助実が寺を創建した事が記されています。

tu-neさん が  浄泉寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2019-11-10)

土塁
土塁

写真奥(南側)には墓地が広がっており、本堂がある所よりも更に高台になっています。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

関ヶ原前夜 西軍大名たちの戦い (角川ソフィア文庫)

あまりにも有名な戦いである関ヶ原の戦いですが、本戦と自分にゆかりのある東北版しかわかっていませんでした。副題どうり西軍参加大名を取り上げています。意外にやる気な毛利氏や持てる実力を発揮出来なかった宇喜多氏。従来の説とは違う島津氏など、引き込まれて読みました。これ以後宇喜多氏にはまるきっかけになった本です。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る