あのねのね2140(さくまもりまさ)さん 家老 サポーター   フォロー

城好きおじいさんです。メジャーなお城に限らず郷土史レベルのお城にも顔を出しています。

あのねのね2140さんのタイムライン

あのねのね2140さん が  岩崎城(愛知県日進市) の写真をアップしました(2022-01-15)

水琴窟(勘助の井)
水琴窟(勘助の井)

二の丸(馬出)庭園に設置されています。

あのねのね2140さん が  岩崎城(愛知県日進市) の写真をアップしました(2022-01-15)

西の丸土塁
西の丸土塁

堀底から撮影しました。

あのねのね2140さん が  岩崎城(愛知県日進市) の写真をアップしました(2022-01-15)

模擬天守
模擬天守

直近から天守を見上げました。

あのねのね2140さん が  岩崎城(愛知県日進市) の写真をアップしました(2022-01-15)

説明板
説明板

あのねのね2140さん が  岩崎城(愛知県日進市) を攻城しました(2022-01-15)

あのねのね2140さん が  池田城(岐阜県多治見市) の写真をアップしました(2022-01-11)

池田信輝(恒興)公の墓と其の由来説明板
池田信輝(恒興)公の墓と其の由来説明板

あのねのね2140さん が  池田城(岐阜県多治見市) の写真をアップしました(2022-01-11)

腰巻石垣
腰巻石垣

あのねのね2140さん が  池田城(岐阜県多治見市) の写真をアップしました(2022-01-11)

池田信輝(恒興)と元助供養塔
池田信輝(恒興)と元助供養塔

池田不動の向かって左側の山斜面に建立されています。

あのねのね2140さん が  池田城(岐阜県多治見市) の写真をアップしました(2022-01-11)

池田城主七代の墓地
池田城主七代の墓地

五輪塔脇の石柱に「池田城主七代開築墓地」と記されていました。

あのねのね2140さん が  池田城(岐阜県多治見市) の写真をアップしました(2022-01-11)

池田眞徳稲荷神社赤鳥居と石垣
池田眞徳稲荷神社赤鳥居と石垣

石垣は城址遺構かどうか判りません。

あのねのね2140さん が  池田城(岐阜県多治見市) を攻城しました(2022-01-10)

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-09)

東郭(縄張り図で判断)
東郭(縄張り図で判断)

発掘調査で郭として使用される以前は大きな堀があった事が確認されています。

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-09)

北郭(縄張り図で判断)
北郭(縄張り図で判断)

左手先が主郭です。

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-08)

熊ヶ池
熊ヶ池

上ノ郷城の水堀の一部だそうです。

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-08)

主郭からの南方眺望
主郭からの南方眺望

蒲郡市街地とその奥が三河湾です。

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-08)

主郭
主郭

かなりの広さで段差によって西と東に区別されています。

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-08)

主郭虎口
主郭虎口

石積みにより虎口を形成しています。

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-08)

土塁
土塁

城の南側を防御する土塁で土塁頂部に城址碑が立っています。

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-07)

城址碑
城址碑

あのねのね2140さん が  上ノ郷城(愛知県蒲郡市) の写真をアップしました(2022-01-07)

説明板
説明板
このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

将軍の日本史 (MdN新書)

源頼朝から徳川慶喜まで「幕府の長としての将軍」39名がずらりと並んでいる。ビッグネームも儚い存在も一人ひと項目ずつ(同一人物だが足利義材と義稙は二つの項目に分けて)公平に取り上げた「総覧」だ。
出色はコラムで、将軍になれそうでなれなかった面々の紹介が面白かった。その一人、尾張藩主・徳川宗春は地元では「名君として愛されていた」とか。いつか名古屋城攻城の暁には郵便ポストの上の宗春公も見てこようとグーグルマップに印をいれたところだ。
私は歴史に疎く見逃しが多いが、将軍を軸にして日本史の常識をこの「総覧」は補ってくれる。「日本坊主列伝」とともに貼りまくった付箋のところを読み返し、城下町探索に深みを持たせたい。

山鳩さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る