()さん 足軽大将   フォロー

生まれは岡山、現在は京都在住
城の縄張りについてはまだまだ勉強中
歩いて登ったり攻めたりするのは苦にしないタイプです
おもてなし武将隊に興味をもってからは全国あちこちに遠征を始めました

聡さんのタイムライン

聡さん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2022-01-17)

大松山城の井戸
大松山城の井戸

聡さん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2022-01-16)

天神の丸
天神の丸

聡さん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2022-01-15)

城主さんじゅーろー
城主さんじゅーろー

とにかく大人しくてかわいいです

聡さん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2022-01-15)

自然の岩盤を利用した天守の石垣
自然の岩盤を利用した天守の石垣

聡さん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2022-01-15)

天守の正月飾りを狙う猿
天守の正月飾りを狙う猿

臥牛山は猿の生息地。猿がダイダイをせしめて帰っていきました。

聡さん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2022-01-15)

真田丸OPで有名なあの石垣
真田丸OPで有名なあの石垣

一生懸命山道を登ってここへ辿り着くと頑張った甲斐があったと感じます

聡さん が  備中松山城(岡山県高梁市) を攻城しました(2022-01-15)

聡さん が  名古屋城(愛知県名古屋市) の写真をアップしました(2021-11-08)

大天守と小天守
大天守と小天守

お土産屋さん付近に猫ちゃんが出没します
人懐っこくて可愛いです

聡さん が  名古屋城(愛知県名古屋市) を攻城しました(2021-11-08)

正門を出て徒歩圏内の円頓寺商店街を散策するのもおすすめです
ブラタモリで紹介されたお堀の廃線跡などもあります

聡さん が  勝龍寺城(京都府長岡京市) の写真をアップしました(2021-06-27)

出土品
出土品

転用石として使われた石仏などが一角に集められています

聡さん が  勝龍寺城(京都府長岡京市) を攻城しました(2021-06-27)

阪急長岡天神駅からだとちょっと歩きますが、西国街道の雰囲気を楽しむのも良いです。意外と交通量が多かったり途中の道が狭かったりしますが、町家を利用した案内所があって休憩もできます

聡さん が  郡山城(奈良県大和郡山市) の写真をアップしました(2021-04-04)

天守台礎石
天守台礎石

聡さん が  郡山城(奈良県大和郡山市) の写真をアップしました(2021-04-04)

天守台から城址会館を望む
天守台から城址会館を望む

パンフによれば昔は奈良公園にあった県立図書館の建物だそうです

聡さん が  郡山城(奈良県大和郡山市) を攻城しました(2021-04-03)

聡さん が  坂本城(滋賀県大津市) の写真をアップしました(2020-11-24)

明智塚
明智塚

坂本城落城の際、郷義弘の刀ほか光秀所持の宝物を埋めたと伝えられる場所
地主さんのご好意がありがたいです

聡さん が  坂本城(滋賀県大津市) の写真をアップしました(2020-11-24)

西教寺の明智一族の墓
西教寺の明智一族の墓

妻木氏の墓や前田利家六女菊姫の墓などもあります

聡さん が  坂本城(滋賀県大津市) の写真をアップしました(2020-11-23)

湖畔に立つ明智光秀の像
湖畔に立つ明智光秀の像

傍に鳥羽一郎さんの曲の歌碑があったりします 
曲名は「光秀の意地」

聡さん が  坂本城(滋賀県大津市) の写真をアップしました(2020-11-23)

酒井神社
酒井神社

この辺りは三の丸にあたる場所なんだそうで
広島の浅野氏が建立したそうです

聡さん が  坂本城(滋賀県大津市) を攻城しました(2020-11-23)

JR比叡山坂本駅から住宅地を歩いて20分程度
北国街道沿いの町並みが往時の賑わいを忍ばせます
湖岸の道路は車の往来が多いので移動には十分気を付けて下さい

聡さん が  大阪城(大阪府大阪市) の写真をアップしました(2020-11-16)

御座船
御座船

船頭さんのガイドつきでお堀めぐりができるようです

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

最悪の将軍 (集英社文庫)

江戸幕府の第五代将軍「徳川綱吉」を題材にした小説です。
将軍になった経緯、綱吉の治世に対する考え方などが描かれます。綱吉の時代には、勅額火事、富士山噴火、赤穂事件などの災害・事件が多く発生しました。天変地異は将軍の行いが悪いからと信じられていた事もあり、綱吉は最悪の時代の将軍として苦悩を重ねていきます。
読後には、犬公方だけでない綱吉を知り印象が少し変わりました。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る