ヨシツネコ()さん 武将 サポーター   フォロー

百名城・続百名城スタンプを収集中。
古墳、文学、武将など、歴史なら何でも好き、何でも知りたい!

ヨシツネコさんのタイムライン

ヨシツネコさん が  菅谷館(埼玉県嵐山町) を攻城しました(2022-08-14)

ヨシツネコさん が  杉山城(埼玉県嵐山町) を攻城しました(2022-08-14)

ヨシツネコさん が  湯築城(愛媛県松山市) を攻城しました(2022-08-07)

ヨシツネコさん が  松山城(愛媛県松山市) を攻城しました(2022-08-07)

ヨシツネコさん が  大洲城(愛媛県大洲市) を攻城しました(2022-08-07)

ヨシツネコさん が  宇和島城(愛媛県宇和島市) を攻城しました(2022-08-07)

ヨシツネコさん が  河後森城(愛媛県松野町) を攻城しました(2022-08-07)

ヨシツネコさん が最近のひとことを更新しました(2022-07-20)

先週訪れた久保田城(秋田市)の大手門堀の蓮が見事でした。この後秋田城跡(秋田市)も寄ったのですが、そこからほど近い寺内地区に菅江真澄(江戸時代後期の紀行家)の墓があることに驚きました!東北を旅していると、菅江真澄の足跡によく出会います。地元の岩手県一関にも菅江真澄の道があります。墓所を訪れたことで、各地で偶然出会ってきた点と点が繋がったような不思議な感じがしました。どこで何が繋がるかわからないものですね。これからもアンテナ張り巡らせて歴史探索を楽しもうと思いました。

ヨシツネコさん が  久保田城(秋田県秋田市) を攻城しました(2022-07-17)

ヨシツネコさん が  向羽黒山城(福島県会津美里町) を攻城しました(2022-06-08)

ヨシツネコさん が  白河小峰城(福島県白河市) の写真をアップしました(2022-05-20)

雪見櫓跡
雪見櫓跡

雪見櫓跡から見る美しい那須連山。3月の地震から全線復旧した東北新幹線が走るのも見えました。

ヨシツネコさん が  白河小峰城(福島県白河市) を攻城しました(2022-05-20)

ヨシツネコさん が  志布志城(鹿児島県志布志市) の写真をアップしました(2022-03-15)

志布志市埋蔵文化財センター
志布志市埋蔵文化財センター

「内城」の復元模型。山城の防御力を見せつける解説映像が面白い!

ヨシツネコさん が  飫肥城(宮崎県日南市) の写真をアップしました(2022-03-15)

復元された大手門
復元された大手門

樹齢100年以上の飫肥杉を使って復元された大手門。重厚で美しい。

ヨシツネコさん が  志布志城(鹿児島県志布志市) を攻城しました(2022-03-15)

攻城前にぜひ「志布志市埋蔵文化財センター」へ。志布志駅から徒歩15分ほど。マップや資料が豊富です。2022.3.12現在、続百名城スタンプもここにあります。

ヨシツネコさん が  飫肥城(宮崎県日南市) を攻城しました(2022-03-15)

2022.3.13現在、百名城スタンプは大手門の手前にある「豫章館」入口に置いてありました。風情ある城下町散策もおすすめです。

ヨシツネコさん が  忍城(埼玉県行田市) の写真をアップしました(2022-02-26)

本丸土塁
本丸土塁

ヨシツネコさん が  忍城(埼玉県行田市) の写真をアップしました(2022-02-26)

三階櫓
三階櫓

ヨシツネコさん が  忍城(埼玉県行田市) を攻城しました(2022-02-26)

秩父鉄道行田市駅より徒歩12〜3分、行田市役所の裏手側に三階櫓が見えてきます。本丸土塁も見られます。
続百名城スタンプは、行田市郷土博物館入口にあり。スタンプのみ押印可ですが、忍城水攻め、古墳、埴輪、足袋などの資料も楽しめ、眺望の良い三階櫓にも登れるので入館をお勧めします。

ヨシツネコさん が  宇陀松山城(奈良県宇陀市) を攻城しました(2021-11-11)

榛原駅から大宇陀まではバスで。続百名城スタンプは、道の駅より徒歩ですぐのまちづくりセンター千軒舎にて。登城路は途中までは舗装道路で歩きやすかったです。宇陀は推古朝の昔から薬草で有名な地。重要伝統的建造物群保存地区を歩けば、日本最古の森野旧薬園や薬問屋などがあります。宇陀は人麻呂公園など万葉集ゆかりの地もあり、見どころ沢山のロマン溢れる地でした。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る