松戸城
松戸城

[千葉県][下総] 千葉県松戸市松戸


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.47(--位)
  • 見学時間:33分(--位)
  • 攻城人数:90(507位)

松戸城の城主メモ(36件) 最新順

相模台城から徒歩で攻城。コロナ影響で歴史館と戸定邸はまだ閉館でした。あと何日かで緊急事態も解除になりそうなので、ちょっと早まったかなぁ・・・。
庭園はしっとり落ち着いていて良い雰囲気。でも遺構は見当たらず。江戸川を見下ろし、北条軍の目線になってみました。

(2020/05/24訪問)

新型コロナウイルスの影響で、歴史館と戸定邸は閉じられていました。

(2020/03/06訪問)

我孫子駅ホームのやよい軒で名物の唐揚げそばを食べた後、松戸駅に移動して攻城。案内板などはありません。

(2019/12/08訪問)

相模台城から、徒歩で転戦。
こちらも急な高台なので、お城の雰囲気はあります。戸定邸を見るだけでも楽しめると思います

(2019/11/24訪問)

たまたま戸定が丘歴史公園から、大学の園芸部へいける門戸の解放日でした。大学側からも普通に入れる様子です。地図で示す場所まで行きましたが石碑も説明板も有りません。西側の谷の方を見てなんとなく城跡感を感じたり、整地された丘の上に有る大学を見て、往時を偲ぶことで攻略とします。

(2019/10/27訪問)

着いたのが遅かったため戸定が丘歴史公園には入れず。仕方なく西側の道路をぐるっと回っていたところスズメバチに絡まれ、走って逃げ込んだ先は千葉大学内。しかし特に立入禁止表示はなく普通に子供連れの方もいたので、そのままキャンパスを通り抜けました。相模台城同様こちらも高台の上にあることは分かりました。

(2019/08/18訪問)

戸定歴史館 展示替えで令和元年6月18日から7月19日まで休館でした。折角日曜に行ったのに。

(2019/07/07訪問)

素晴らしい公園だが、遺構はなさそう。

(2019/05/19訪問)

相模台城から徒歩7分位で松戸城に着きました。着いたといっても千葉大学園芸学部の敷地内に入るこははできず、校門と近辺の写真を撮り、戸定歴史館と戸定邸の庭園散歩をして攻城とします。遺構はよくわかりません。

(2019/05/02訪問)

戸定歴史館の駐車場に車を止めました、歴史館、戸定邸に入館 庭園散歩、楽しめます(^^)

(2019/04/07訪問)

さすが水戸徳川家が別邸に選ぶ土地だけあって、陽当たり良好 眺め良しな場所でした。

(2019/03/26訪問)

仕事で松戸に泊まりることになりましたので、駅前から歩いて行ってきました。10分位で着きました。

(2019/03/17訪問)

最初、千葉大学園芸学部の方から攻城するも、良く分からん。戸定邸の駐車場に止めて庭園を散策しました。

(2019/02/11訪問)

戸定館付近は整備されて千葉大付近には城郭跡の雰囲気がありますが、遺構らしきものは判りませんでした。

(2019/01/27訪問)

歴史館が入れ替えの為休みだったのでまた改めて攻城する

(2019/01/20訪問)

相模台城から徒歩10分足らずで戸定が丘歴史公園へ。公園奥は郭っぽい雰囲気は感じられます。

(2019/01/11訪問)

相模台城から徒歩で攻城。
千葉大学園芸部東側が堀切跡とシラベテマシタが、柵の向こうからではよくわかりませんね。
住宅や大学の建設でだいぶ掘削されたようですし、ちょっと残念な気分で戸定歴史公園を散策。
戸定とは外城のことらしいですね。
城の遺構は在りませんでしたが、徳川昭武自身が撮った水戸城三階櫓の写真が展示されてたのは興味深かったです。

(2018/11/18訪問)

相模台城から徒歩で攻城。徳川昭武について、いろいろと知ることができました。

(2018/10/13訪問)

徳川昭武(慶喜の弟)氏の住まいと庭園が戸定歴史館と戸定が丘歴史公園として公開されていて、見る価値ありです。遺構は千葉大との境界(柵の向こう側)にそれらしきものを見るだけでした。

(2018/09/02訪問)

お城の遺構は認められないけど
国の名勝である戸定邸の庭や
建物は必見です

(2018/06/03訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

明石城完全攻城ガイド

「攻城」の言葉が表紙、裏表紙各所にあって思わずニンマリ。よく練られたレイアウト&内容で100円以上の価値ありですが、ワンコインだと一般の観光客も手に取りやすいでしょうね。
繰返し読んだ項目に順位をつけると①築城当時の明石城②見どころガイドの櫓のページ③はじめに、です。見開きの「はじめに」を読んで明石城を誇りに思うようになりました。ただこのページの文字の大きさが小さく、遠近両用メガネの私には厳しかったです

たかみくらさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る