竹中陣屋
竹中陣屋

[岐阜県][美濃] 岐阜県不破郡垂井町岩手


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.85(310位)
  • 見学時間:22分(390位)
  • 攻城人数:137(277位)

竹中氏陣屋跡と櫓門の案内板

竹中氏陣屋跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

竹中氏陣屋跡及び櫓門(やぐらもん)
(岐阜県史跡 昭和三十一年三月二十八日指定)
 竹中半兵衛重治公没後嫡男の重門(しげかど)が菩提山城を廃して構えた陣屋(『竹中家譜』「菩提山之城を下り、岩手作館居之」)の正門である。東側が正面で、大手の間口六間、奥行き三間木造の白壁塗りの櫓門となっている。
 門の西側に千六百三十六坪にわたる陣屋が形成されていた。(東辺十間五尺、北辺三十七間半、西辺三十六間一尺、南辺四十ニ間2尺)菁莪(せいが)記念館の復元模型をご覧下さい
 当櫓門は明治新政府により学制発布により明治十四年に現在の岩手小学校の前進である『菁莪義校(せいがぎこう)』の正門として位置づけられてきた。(「菁莪」とは中国最古の『詩経』より[有能な人材を育成するの意])
 明治新政府の「幕府建造物破壊令」に対し高橋弥八郎氏等が「櫓門は菁莪学校の正門」であると主張し地元文化財としての存続に尽力され現在に至る。城(陣屋)の門が学校の門になっている学校は全国でも極めて稀で貴重な史跡となっている。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

竹中陣屋の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る