己斐城
己斐城

[広島県][安芸] 広島県広島市西区己斐上4


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.43(--位)
  • 見学時間:40分(--位)
  • 攻城人数:19(1695位)

己斐城の案内板

己斐城址に建てられている案内板の内容を紹介します。

己斐城跡(平原城跡)

所在地 茶臼山(二〇〇・二m) 現在通称 小茶臼
西区己斐上四丁目茶臼一八五

 平原城跡は中世の山城跡で、己斐にある四城跡の一つであり、地元では平原城跡、一般には己斐城跡・己斐新城跡・茶臼山城跡の名で知られている。
 構築(こうちく)の歴史は鎌倉時代中期までさかのぼれると推定され、厳島合戦(弘治元年・一五五五)当時まで要衝(ようしょう)として争奪の渦中にまきこまれたが、以後は廃城となった。
 その間、永世十二年(一五一五)武田元繁(もとしげ)に包囲された時、「武田数ヶ月攻むるといえども、銘城(めいじょう)なるが故に、遂に落ちず」(房顕覚書)と記されており、その頃堅城(けんじょう)を誇っていたのである。
 当時の城主は、己斐豊後守師道入道宗端(こいぶんごのかみもろみちにゅうどうそうたん)であった。
 「残る名に かなえば何か 惜しむべき
       風の木葉(このは)の 軽き命を」(陰徳太平記)
の辞世(じせい)の歌を残し、有田の戦で討死したが、勇猛と義に厚い武将として著名であり、その死が惜しまれた。
 その子・己斐豊後守直之(なおゆき)は厳島合戦のとき、要害山・宮ノ尾城にたてこもった毛利方の猛将として名を知られ、さらに己斐利右衛門興員(おきかず)は、後に広島城(鯉城)二の丸御番をつとめた。
 城は南側を大手、北側を搦手(からめて)とし、山頂部には本丸・二の丸・空堀があり、山頂部を同心円形に囲んだ北・東・南・西の四郭(かく)および縦堀(たてぼり)が、昔の姿を残している。山腹に残されていた出丸跡や、ノミ跡のあった岩は宅地造成で惜しいことに、その姿を失ってしまった。
 「平原・岩原、この二墟を茶臼山と称す」と芸藩通志に書かれている「岩原城跡」は、旭山奥に今もあり、「ふるじょう」と呼ばれている。当城跡背後の(現在通称)大茶臼は「立石(たていわ)城跡」(石内側では釈迦ヶ岳城跡)であり、さらに己斐峠(こいだお)をおいて左方に「柚ノ木(ゆのき)城跡」(石内側では京良木城跡)が見られる。
 茶臼山は己斐の要の位置を占め、且つ昔は東・南側とも山麓まで海が迫っていた。城跡山頂に立つ時、「平原城は大田川口を扼(やく)す海城的性格をもった山城である」という立地条件が、よく理解出来る。
 この城跡を身近かな文化財として、大切にしたい。
 なお、推定であるが、往時の「船溜(ふなだま)り」は現在の中一丁目の「仲の御前社」附近にあったであろう。
 東郭の桂原天神(かつらばらてんじん)は古くから祀られていたが、寛延元年(一七四八)旭山に遷(うつ)され、三国屋(みくにや)天神(知新集)、更に後年、己斐天神とも呼ばれ、有名であった。
  昭和五十八年九月吉日撰文 己斐の歴史研究会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

己斐城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

長野の山城ベスト50を歩く

同様のシリーズの長野県版。山城50と平城17が掲載されています。長野県の城を訪問するときには、必ず持っていきます。
前提として50城という制約があるので、TETSUさんのおっしゃるように、ここも掲載してほしいという気持ちが生じるのは事実です。それでも、掲載されたまだ未訪の城を見ていると、いつ訪問しようかと頭を悩ませています。2018年9月現在で攻城団に未登録の城もあり、いずれ登録される日が来るのを期待させられます。

散歩者さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る