丸根城
丸根城

[愛知県][三河] 愛知県豊田市野見町7


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.03(--位)
  • 見学時間:26分(--位)
  • 攻城人数:181(537位)

丸根城縄張図

丸根城の縄張図が書かれた案内板の内容です。

丸根城縄張図(まるねじょうなわばりず)
 丸根城は、矢作川が豊田の市街地を抜けて最も川幅が狭くなる通称「鵜の首」の東岸にあり、台地の先端に位置している。城の北側は台地に続く地形であるため、大きく空堀が巡らされている。南側は小さな谷地形をそのまま利用した自然の堀となっている。城の大きさは18,000m2、北、西、東の三方に空堀を巡らしている。主郭は、大きさ4,950m2のほぼ長方形でかつては館跡を思わせるコの字形の土塁の痕跡があった。現在、その形に植栽を施し、形だけ復元している。北西隅には、井戸跡をふさいで山の神をまつった祠がある。主郭の東側には半円形の北曲輪がある。北曲輪は幅10m、深さ6mの深い堀に取り囲まれており、台地と城を分断している。主郭と北曲輪の間は幅5m、深さ4mに掘り割られ、この中は通路になっている。また、城の南東、南西側の左図で着色されていない部分は後世の削平である可能性もあり、現状では城の遺構か否か判断が難しい。
 堀と谷を巧みに使った堅固な構えの城は、矢作川の要地ににらみをきかせていた。平成6年3月 豊田市教育委員会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

丸根城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

本丸御殿の至宝 重要文化財名古屋城障壁画

2007年(平成19年)に名古屋市博物館で開催された特別展「本丸御殿の至宝―重要文化財 名古屋城障壁画―」の図録。すべての障壁画がその位置とともに掲載されている珠玉の一冊だけど市販されてないのでいまとなっては入手困難。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る