能島城
能島城

[愛媛県][伊予] 愛媛県今治市宮窪町能島


  • 平均評価:★★★★☆ 3.57(--位)
  • 見学時間:1時間17分(--位)
  • 攻城人数:408(233位)

能島城の城主メモ 最新順

上陸ツアーを事前申込(2000円/人、振込手数料別途必要)。上陸するにはツアーに参加するしかないとのこと。能島が文化庁管轄で国立公園だったとは。
草が伸び放題だったらしいのですが、綺麗に刈られて城址が見やすくなってました。

(2021/07/24訪問)

潮流クルーズ、能島城説明員の説明付きで能島城攻城。
南部平坦地に上陸、郭Ⅱ・二の丸(南区)~郭Ⅲ・三の丸(船だまりを見下ろす)~郭Ⅰ・本丸~郭Ⅱ・二の丸(東区)~郭Ⅴ・矢櫃~(南区)~郭Ⅳ・東南出丸[鯛崎島を臨む]。引き潮の時間帯で激しい流れとともにみるみる水位が下がる。船に乗り潮流とともに能島を一巡りした。

(2020/12/17訪問)

事前予約が必要な上陸ツアーに参加しました。コンパクトながら立派な曲輪がある城の周囲は潮流の激しい海という貴重な体験が出来ます。
予約不要な潮流体験(1200円)でも能島の周囲をくまなく見せてくれるので、是非とも参加してみて下さい。

(2020/12/13訪問)

瀬戸内しまなみリーディング「能島上陸&潮流クルーズ」で登城しました。地元ガイドさんの説明付でおススメです。

(2020/12/05訪問)

能島城上陸クルーズにて登城。土日祝のみ、団体申込も多いそうですので早めに御予約を。案内人につれられての観光となります。村上海賊ミュージアムも楽しめます。近くのカレイ山展望公園から望む能島城も必見です。

(2020/11/07訪問)

今治からしまなみサイクリングにて大島から眺望。あからさまに潮流が激しく渦巻いている地点に気づきチャリを停めると、対岸に能島が拝めました。村上水軍博物館見学にて攻城としました。館内であの有名小説の舞台だと気づきました、勉強不足過ぎ(笑)

(2020/10/18訪問)

村上海賊ミュージアム前の漁協から船が出てます。

(2020/10/17訪問)

日本遺産フェスティバルのエクスカーション(体験ツアー)にて、村上海賊ミュージアムとセット訪問。あいにく凪で、逆巻く潮流は体験出来ず。個人で行かれる方は潮の状況も調べてからの方がいいと思います。

(2020/10/11訪問)

広島からしまなみ海道を渡って愛媛県の大島へ。村上海賊ミュージアムで、資料とスタンプをゲット。展示の見学と展望デッキから海上の能島を確認して攻城とする。時間を取れれば潮流体験の船で、能島に上陸できるとのことですが、今回は対岸からのみ。

(2020/10/09訪問)

村上水軍博物館で文化庁発行の無料で配布されているお城のパンフレットをいただき、海賊カレーを食しました。

(2020/09/22訪問)

潮流体験はおすすめです!

(2020/09/20訪問)

能島上陸ツアーは土日祝日のみです。詳しくはえひめSUNSUNツアーのサイトにて。申し込みもそちらから出来ます。申し込み状況によっては(少ない場合)中止となります。当方は13:45発の第3便を希望しましたが、中止となり11:45発の第2便で上陸しました。水陸の配分がよく、ツアー時間75分があっという間、激しい潮流の中で島までギリギリ近づく操船技術、ガイドさんの城説明も素晴らしかった。

(2020/07/24訪問)

100名城スタンプは村上海賊ミュージアム、受付付近で捺印出来ます。

(2020/07/24訪問)

今年の7月から上陸可能になり、この日の上陸イベントは2回目だそうです。
ガイドさんの解説によって、海賊の暮らしを垣間見ることができます。
2年かけて復興に努めてくださった関係者の皆様に感謝です。

(2020/07/23訪問)

昨年の災害の影響で、現在、島への上陸はできないようで、村上水軍博物館3F展望室より遠望する。

(2020/01/24訪問)

潮流遊覧船に乗ります。
冬場は毛布も貸してくれますよ

(2020/02/11訪問)

ものすごい潮の流れで、村上水軍が水先案内でガッツリ儲けてたのも納得。能島に上陸出来なかったのは残念ですが、カレイ山展望台から眺める能島が最高でした。

(2020/01/30訪問)

どうやら、能島城は上陸禁止になっているらしいので、今治市村上水軍博物館から能島城を見て、攻城としました…
ちなみに、能島と鯛崎島を合わせて能島城と言うとのことです。

(2019/12/18訪問)

村上海賊の娘を読んでから行くと、もっと楽しめます。

(2019/07/06訪問)

上陸出来ず、博物館から島を見て攻城としました。

(2019/12/03訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

[新装版]戦国武田の城

武田氏が進出していった山梨からはじまり長野、群馬、静岡、愛知の5県にわたる足跡を追った1冊です。どのように攻め進んだか動きがわかるのでおもしろいです。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る