篠島城
篠島城

[愛知県][尾張] 愛知県知多郡南知多町篠島


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.57(--位)
  • 見学時間:41分(--位)
  • 攻城人数:33(2081位)

篠島城の城主メモ 最新順

港から城跡のある水神天宮を経て、清正の枕石まで回りました。
島内は徒歩で移動しましたが、高低差や細い路地があるので、レンタサイクルを利用した方が効率よく回れると思います。

(2022/04/30訪問)

フェリー乗り場でいただけるマップの水神天宮が城趾に相当し、旧篠島小学校グランド東の石段を登ると行けます。
主郭には沢山の石碑があり、帯曲輪、うっすらと土塁が確認できます。
現篠島小学校の西方面海岸には清正の石切場があります。

(2022/03/08訪問)

河和港から高速船を利用しました。篠島ではレンタサイクルも借りれます。
篠島城の他に「清正の枕石」と「弁財採石跡地」を見学しました。
篠島名物の「しらす丼」もオススメです。

(2020/10/26訪問)

名古屋城の石垣の採石地が島南部に点在してますが、ほとんど整備されていない獣道のようなところを通るので、虫と生い茂る草対策をされていった方がいいでしょう。長袖、長ズボン、スニーカー必須!あと帽子もあるといいと思います。

(2020/06/06訪問)

篠島城、清正の枕石、両方訪れました。それぞれ離れた場所にあり、移動は「島の駅」からレンタサイクル→徒歩がおすすめ。どちらも途中で自転車を降り、勾配のある道を歩いていきます(汗)

(2019/08/24訪問)

師崎港駐車場(34.6974895, 136.9717290)(1時間100円)を利用、渡船して、登城入り口(34.6787108, 137.0072073)から攻城。城址に遺構らしい遺構はないが、清正の枕石があり、島の観光も楽しめる。ぜひ晴れた日に訪問したい城址。

(2019/06/13訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

図説 近世城郭の作事 天守編

江戸城天守を再建する会の特別顧問をされている三浦正幸先生が書かれた著書で三浦先生のお話は講演会等でよくお聞きしているので、お城の構造について勉強したく手に取りました。前半は天守の外壁、窓、狭間、石落、そして基本的構造について詳細に解説されており、外壁の仕上げ、屋根、破風の形に格式の上下があることを知り、今後天守の見方が変わるように思えました。後半は現存12天守、失われた天守の詳細説明がされています。熊本城の宇土櫓が第一期普請で建てられた初代天守であることを初めて知りました。この一冊で天守の構造に付いてほぼ網羅していると思いますので、天守の構造について詳しく知りたい人にはお勧めです。なお、続編として「櫓・城門編」もあるようですのでそちらも読んでみようかと思います。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る