旧二条城
旧二条城

[京都府][山城] 京都府京都市上京区武衛陣町


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.13(--位)
  • 見学時間:17分(--位)
  • 攻城人数:236(253位)

旧二条城関係の石造物群(京都市洛西竹林公園内)

旧二条城関係の石造物群(京都市洛西竹林公園内)
弥一左衛門

 ここに展示されている石造物は、地下鉄烏丸線建設に先立って昭和50年から53年にかけて行われた事前発掘調査により確認された旧二条城跡から出土したもので、主に石垣の石材に使用されていたものである。
旧二条城は、永禄12年(1569)に織田信長が室町幕府15代将軍足利義昭のために築造したもので、烏丸丸太町交差点の北に位置し、発見された石垣には、自然石の他に石仏、供養碑、五輪塔、礎石、建材等が使用されていた。
当時日本で布教活動をしていたポルトガルの宣教師ルイス・フロイスの著わした『日本史』の中にも「信長は多数の石像を倒し、頸に縄をつけて工事場に引かしめた。都の住民は、これらの偶像を畏敬していたので、それは、彼らに驚嘆と恐怖を生ぜしめた。」(松田毅一・川崎桃太訳「フロイス 日本史」による。)という記載があり、上記事実と一致する。
これらの石造物は、従来あまりよく知られていなかった旧二条城の貴重な資料であり、昭和58年6月1日に京都市指定有形文化財(考古資料)に指定された。 京都市 (公園内案内板より)

   

この写真をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません

撮影場所

地図アプリで見る

旧二条城のほかの写真

すべてを表示

弥一左衛門さんのほかの写真

すべてを表示

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)

雑誌「歴史群像」で紹介された戦国時代の城に城郭研究者の解説を加えて再構成したムック。(2004年発行)勃興期、隆盛期、完成期に分けて16の城を解説。どのような状況でその城が作られ、何を意図した縄張りだったのか、図や写真で詳細に解説されている。香川元太郎さんの鳥瞰復元イラストは一目でどんな城だったのかわかりやすくて良い。。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る