京都新城
京都新城

[京都府][山城] 京都府京都市上京区京都御苑


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.09(--位)
  • 見学時間:44分(--位)
  • 攻城人数:318(327位)

京都新城の城主メモ 最新順

京都御苑内の仙洞御所、大宮御所敷地内が城跡。無料ですが、申し込みが必要でネットもしくは、宮内庁事務所で可。建物内の見学はなく、ガイド付で敷地内の見学になるため、涼しい時期がお勧めです。ガイドの説明でお城の話はないです。

(2023/09/18訪問)

事前予約して9時半から、1時間で説明を受けながら見学出来ます。今度は、もみじの紅葉見て見たいと思いました。

(2023/09/15訪問)

京都御苑を北西から南東に散策。蛤御門によって、幕末の鉄砲の跡を確認しました

(2023/08/26訪問)

京都御苑内中立売駐車場に駐車して攻城。京都新城を示す遺構は無いが、池にかかる橋を渡りながら庭園を散策し、歴史に思いを馳せることを楽しみましょう。朝イチの見学は事前予約のみです。

(2023/07/29訪問)

当日の仙洞御所参観申込は先着順、定員20名弱、外国人を含め観光客増なので、早めに並んだ方がいいです。今や遺構は限定的とのことですが、小堀遠州が作庭したそう。

(2023/04/23訪問)

仙洞御所の当日の参観申し込みは11時から、見学は初回は13時30分からなので2時間30分ほど時間があり、ランチをしたり御苑内を散策する事ができます。見学は約1時間です。

(2023/03/26訪問)

仙洞御所の見学ツアーに参加したことで、登城としました。見学ツアーは当日枠もあります。

(2022/08/03訪問)

仙洞御所観覧に参加。観覧者用の無料のロッカーあります。

(2022/03/18訪問)

京都御所を散策しました
城があるっていう噂か都市伝説があるとは聞いてはいましたが訪れた次の年に遺構が発見されて本当にあったのかって感じで嬉しかったです。

(2019/08/21訪問)

仙洞御所内ですが、京都新城(石垣が発掘された場所)は参観順路にはありません。説明もありませんので雰囲気をたのしみましょう。貴重な建築物や庭園が無料で見学できます。事前予約した方が確実です。

(2021/02/20訪問)

京都御苑内の京都仙洞御所内にあったそうで、参観時間が指定されています。京都御所との距離感、公家もビックリの近さに驚きました。

(2020/09/05訪問)

京都仙洞御所入り口までは府立医大病院前バス停から徒歩2分。ダッシュすれば気持ち早く着くが参観の集合時間には余裕を持ちたい。

(2020/01/26訪問)

菅原院天満宮神社の向かいの門から入城。
仙洞御所見学→富小路休憩所でランチ→拾翠亭で勉強会をもって攻城とします

(2020/01/26訪問)

暗くなってから京都御苑内の仙洞御所の塀の周りを歩いたので、次回は予約してしっかり中を確認したいです。

(2020/01/22訪問)

仙洞御所を見学申し込みして説明を聞きつつ約一時間。工事のため池の水を抜いていました。またいかなくでは。 そのご京都御所も説明をききながら約一時間。こちらは屋根の葺き替えを始めていました。

(2020/01/11訪問)

御所は広いです。歩きやすい靴、軽い荷物でお出かけください。

(2017/08/15訪問)

仙洞御所内が京都新城跡らしいですが中に入るには事前予約が必要です。写真は自由に撮っていいそうなので激写してきました!

(2019/09/25訪問)

3時半の入場が可能になったので、待ち時間に御所の見学を1時間程。普段の攻城とは色合いが違いましたが、御所を含めて別世界を味わえます。

(2019/09/20訪問)

当日の参観申込は午前11時から先着順です。空きがあるかどうかは午前8時半に現地受付か宮内庁HPで確認できます。
身分証明書持参必須。

(2019/06/05訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

巨匠 狩野探幽の誕生 江戸初期、将軍も天皇も愛した画家の才能と境遇 (朝日選書)

探幽の作品の解説と共に、狩野派の長として組織作りや有力者との交流をどのように進め、狩野派の発展存続に努めたのか、探幽を立体的に捉えたい方にはお薦めの一冊です。

十林寺さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る