いろんな検索

Amazon検索ツール

検索結果

22件の書籍が見つかりました
レビューを書くのは、お城や歴史に関係する書籍・雑誌だけにしてください
4098230038
名城をゆく1 熊本城 (小学館101ビジュアル新書)
小学館「名城をゆく」編集部 (小学館)
ISBN 4098230038 発売日 2009-08-03
4883254526
熊本城を極める
加藤 理文 (サンライズ出版)
ISBN 4883254526 発売日 2011-10-10
B009ARHPOI
週刊名城をゆく(8)熊本城
発売日 0000-00-00
B00BAWTP3A
日本の城 6号 (熊本城) [分冊百科]
(デアゴスティーニ・ジャパン)
発売日 2013-02-19
B00BL0XE0G
日本の城 9号 (熊本城) [分冊百科]
(デアゴスティーニ・ジャパン)
発売日 2013-03-12
4054066402
ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城
香川元太郎 (学研プラス)
ISBN 4054066402 発売日 2018-06-19
4908979022
熊本城物語 (中村彰彦 史伝シリーズ 歴史の裏に真あり1)
中村 彰彦 (自由社)
ISBN 4908979022 発売日 2017-07-07
4809416658
日本の城下町を愉しむ
黒田 涼 (東邦出版)
ISBN 4809416658 発売日 2019-04-15
時空旅人 2019年 11月号 Vol.52 熊本城
(三栄書房)
発売日 2019-09-26
古写真に探る 熊本城と城下町増補・改訂版
富田紘一 (肥後上代文化研究会)
発売日 0000-00-00
MAMOR 2019年11月号
(扶桑社)
発売日 2019-09-21
4877556176
熊本城天守閣常設展示図録 (復興熊本城別冊 天守閣完全復旧記念)
熊本市 (熊本日日新聞社)
ISBN 4877556176 発売日 2021-04-26
4877555706
復興 熊本城 Vol.1 被害状況編 平成29年度上半期まで
熊本市 (熊本日日新聞社)
ISBN 4877555706 発売日 2017-12-20
4877555854
復興 熊本城 Vol.2  天守復興編Ⅰ 平成30年度上半期まで
熊本市 (熊本日日新聞社)
ISBN 4877555854 発売日 2018-12-28
487755596X
復興 熊本城 Vol.3 天守復興編Ⅱ 令和元年度上半期まで
熊本市 (熊本日日新聞社)
ISBN 487755596X 発売日 2019-10-01
4877556141
復興 熊本城 Vol.4 天守復興編III 令和2年度上半期まで
熊本市 (熊本日日新聞社)
ISBN 4877556141 発売日 2020-12-23
4877556265
復興 熊本城 Vol.5 長塀編 令和3年度上半期まで
熊本市 (熊本日日新聞社)
ISBN 4877556265 発売日 2021-12-23
490689738X
ブルーシートのかかっていない被災直後の熊本城
浜崎一義,矢加部和幸 (熊本城復興を支援するみんなの会)
ISBN 490689738X 発売日 2016-12-01
4877553126
熊本城―フォトグラフ
熊日情報文化センター編 (熊本日日新聞社)
ISBN 4877553126 発売日 2008-05-30
4863290004
熊本城のかたち―石垣から天守閣まで
熊本日日新聞社編集局 (弦書房)
ISBN 4863290004 発売日 2008-04-10
4877556400
復興 熊本城 Vol.6 石垣被害研究編 令和4年度上半期まで
熊本市 (熊日出版)
ISBN 4877556400 発売日 2022-12-20
4422201794
熊本城 (図説 日本の城と城下町⑨)
稲葉 継陽 (創元社)
ISBN 4422201794 発売日 2024-01-19
もし検索しても表示されない場合はレビューを投稿したい本のタイトルやISBNをご連絡ください お問い合わせ
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る