瀬戸(せと)さん 足軽大将 サポーター   フォロー

一乗谷朝倉氏遺跡が好きすぎて一乗谷朝倉氏遺跡の観光ボランティアになりました
毎週いるわけではありませんが不定期にガイドとして活動予定です
皆さま是非一乗谷朝倉氏遺跡にお越しください

瀬戸さんのタイムライン

瀬戸さん が団員名を変更しました(旧・瀬戸浩太郎さん)(2021-08-03)

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) を攻城しました(2021-05-16)

瀬戸さん が本城を  一乗谷城(福井県福井市) に変更しました(2021-05-06)

瀬戸さん がコレクション「 一乗谷城 城御朱印 特別史跡50周年・特別名勝30周年記念御城印」にコメントしました(2021-05-04)

今年は一乗谷朝倉氏遺跡の特別史跡指定50周年、特別名勝30周年の記念の年です。
コロナでイベントが出来ないので残念ですが、素敵な御城印が販売開始になっています!
今年限定なのでおすすめです!

瀬戸さん がコレクション「 一乗谷城 城御朱印 桜バージョン」にコメントしました(2021-05-01)

令和3年度のものです

瀬戸さん がコレクション「 一乗谷城 城御朱印 唐門バージョン」にコメントしました(2021-05-01)

日付は一乗谷朝倉氏遺跡保存協会会長の手書きです!

瀬戸さん が最近のひとことを更新しました(2021-03-17)

一乗谷朝倉氏遺跡を愛する友の会主催のフォトコンテストに応募したらまさかの一乗谷朝倉氏遺跡保存協会会長賞に入選しました!!
昨日から一乗谷朝倉氏遺跡資料館で入賞作品の展示が始まっているのでぜひ見にきてみてくださいね

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) の写真をアップしました(2021-01-18)

復原町並と雪
復原町並と雪

復原町並の雪です。大雪のため閉鎖していて昨日(1月16日)より営業再開したそうです。
雪の量がかなり多く、通路の除雪を優先しているため、こちらの方まではまだまだ手が回らないそうです

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) の写真をアップしました(2021-01-17)

雪の中級武家屋敷
雪の中級武家屋敷

除雪作業が終わって昨日より営業再開した復原町並の中級武家屋敷です
通路のみ除雪が行われています

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) を攻城しました(2021-01-17)

かなり雪が多いので長靴をお勧めします

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) の写真をアップしました(2021-01-05)

雪の朝倉館跡
雪の朝倉館跡

朝倉義景公の住んでいた館跡です。
雪が積もって遺構が隠れてしまっていますが綺麗でした

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) を攻城しました(2021-01-05)

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) を攻城しました(2021-01-05)

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) を攻城しました(2021-01-05)

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) の写真をアップしました(2020-11-14)

朝倉景鏡館跡の案内板
朝倉景鏡館跡の案内板

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) の写真をアップしました(2020-11-14)

朝倉景鏡館跡
朝倉景鏡館跡

現在も土塁や壕が残ります

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) の写真をアップしました(2020-11-14)

諏訪館跡庭園
諏訪館跡庭園

こちらも紅葉が色づいていて綺麗でした

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) の写真をアップしました(2020-11-14)

朝倉館跡庭園
朝倉館跡庭園

紅葉が綺麗でした

瀬戸さん が  一乗谷城(福井県福井市) を攻城しました(2020-11-14)

瀬戸さん が 書籍実像の戦国城下町 越前一乗谷 (よみがえる中世)」にレビューを投稿しました(2020-11-14)

この本は1990年に出版されたもので、中身も朝倉氏遺跡の中級武家屋敷が復原された当時のものとなっていますが、一乗谷の歴史から当時の発掘調査からわかったことや出土品の解説、建物の配置から構造、さらには庭園の解説まで発掘調査に携わった方ならではの視点から書かれていて非常に勉強になる一冊でした。一乗谷朝倉氏遺跡の当時の調査結果が一冊にまとまっています。
ここから得られた知識をガイド活動でさらに活用できればと思います。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

知っておきたい 名字と家紋: 各家のルーツを伝える「ふたつの象徴」を読みとく (河出文庫)

姓と名、名字と苗字の起こり。姓から名字の系譜からはじまり、どういう家紋になっていったのかを由来と系統を含めてコンパクトに説明してくれています。聞き齧っていた知識が「こういうことか」とわかった気になりました。

コースケさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る