まふっ。()さん 奉行   フォロー

2018年春の入団です。同時期から開始した続日本100名城スタンプラリーですが、皆様のおかげで完了する事が出来ました。ありがとうございます。
今後もこの攻城団データベースに登録してあるお城の新規攻城と、日本100名城(続も含めて)の再訪を果たして行きたいと考えております。あとは、日本城郭検定2級認定を目指し、がんばっていこうと思っています。

まふっ。さんのタイムライン

まふっ。さん が  高砂城(兵庫県高砂市) の写真をアップしました(2020-01-20)

高砂神社(境内)
高砂神社(境内)

良い雰囲気の境内でした。

まふっ。さん が  小松原城(兵庫県高砂市) の写真をアップしました(2020-01-20)

三社大神社
三社大神社

境内に石碑と案内板があります。清掃が行き届いており、すがすがしいです。

まふっ。さん が  高砂城(兵庫県高砂市) を攻城しました(2020-01-19)

まふっ。さん が  小松原城(兵庫県高砂市) を攻城しました(2020-01-19)

まふっ。さん が  英賀城(兵庫県姫路市) を攻城しました(2020-01-19)

まふっ。さん が  魚住城(兵庫県明石市) の写真をアップしました(2020-01-19)

城址跡案内板がある公園
城址跡案内板がある公園

案内板周辺には、遺構は見当たらなかったです。

まふっ。さん が  石弾城(兵庫県加古川市) の写真をアップしました(2020-01-19)

泊神社境内
泊神社境内

正月の為か、幟が立っていました。

まふっ。さん が  加古川城(兵庫県加古川市) の写真をアップしました(2020-01-19)

称名寺(門)
称名寺(門)

門の写真は無い様なので上げました。

まふっ。さん が  魚住城(兵庫県明石市) を攻城しました(2020-01-19)

まふっ。さん が  石弾城(兵庫県加古川市) を攻城しました(2020-01-19)

まふっ。さん が  加古川城(兵庫県加古川市) を攻城しました(2020-01-19)

まふっ。さん が  白旗城(兵庫県赤穂郡) を攻城しました(2020-01-19)

まふっ。さん が  沼城(岡山県岡山市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-01-18)

まふっ。さん が  大廻小廻山城(岡山県岡山市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-01-18)

まふっ。さん が  芥川山城(大阪府高槻市) の写真をアップしました(2019-12-28)

大手門跡と石垣
大手門跡と石垣

今回の攻城ルートから、少し下った場所にありました。

まふっ。さん がプロフィールを更新しました(2019-12-28)

2018年春の入団です。同時期から開始した続日本100名城スタンプラリーですが、皆様のおかげで完了する事が出来ました。ありがとうございます。
今後もこの攻城団データベースに登録してあるお城の新規攻城と、日本100名城(続も含めて)の再訪を果たして行きたいと考えております。あとは、日本城郭検定2級認定を目指し、がんばっていこうと思っています。

まふっ。さん が  芥川山城(大阪府高槻市) を攻城しました(2019-12-28)

高槻駅構内にある観光案内所で地図等を入手、そこからバスで塚脇バス停下車。もらった地図に従い摂津峡公園方面に行くと入口の案内係の方に来た道を戻り千念院の方から登った方が良いと言われ、従い登城。山道区間は案内(正規+ガムテに記載のもの)が充実している方と思います。土塁等の遺構もしっかり残っており見応えがありました。

まふっ。さん が  山崎城(京都府乙訓郡) の写真をアップしました(2019-12-23)

宝積寺三重塔と幟
宝積寺三重塔と幟

あともう少しで本格的な攻城に入ります。

まふっ。さん が  神足城(京都府長岡京市) の写真をアップしました(2019-12-23)

空堀
空堀

神社側に向かって撮影しています。

まふっ。さん が  勝龍寺城(京都府長岡京市) の写真をアップしました(2019-12-23)

塀にはためく幟
塀にはためく幟

青い幟が空に映えます。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

越前丸岡城と歴代城主

「マンガでわかる丸岡城」の取材時に一筆啓上茶屋で購入。めちゃくちゃ充実している本で、このレベルの史料本がすべてのお城で揃ってくれたら、また攻城団がその一助を担えればと、感動と嫉妬と発奮という多くの感情が生まれました。著者の宮本さんはすでに亡くなられていることが残念でなりません。ぼくらのマンガも読んでいただきたかった。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る