きりしま()さん 家老   フォロー

週末の空き時間を見つけて、妻と一緒にグルメと攻城をセットにしてまわってます。

きりしまさんのタイムライン

きりしまさん が  木尾嶽城(石川県羽咋郡) の写真をアップしました(2019-12-08)

主郭跡
主郭跡

きりしまさん が  富来城(石川県羽咋郡) を攻城しました(2019-12-07)

城址跡とされる場所の北側が東西に走る切り通しの道で断絶しているが高低差もほぼないため、当時の地形は地続きと推測。ほとんどが畑作地、果樹が作付けされており遺構の確認は難しい。

きりしまさん が  木尾嶽城(石川県羽咋郡) の写真をアップしました(2019-12-07)

主郭跡東の切岸
主郭跡東の切岸

高低差は5メートル前後くらい

きりしまさん が  木尾嶽城(石川県羽咋郡) の写真をアップしました(2019-12-07)

林道終点の案内板
林道終点の案内板

左の道を進むと三重堀切を経て主郭に至ります

きりしまさん が  木尾嶽城(石川県羽咋郡) の写真をアップしました(2019-12-07)

殿様池
殿様池

林道に案内標識あり。昨日のみぞれ模様の雨もあり、かろうじて池らしく水をたたえています

きりしまさん が  木尾嶽城(石川県羽咋郡) を攻城しました(2019-12-07)

きりしまさん が  花隈城(兵庫県神戸市) を攻城しました(2019-12-06)

元町駅北口からから線路沿いを西に歩き、なだらかな坂を越えたところにある花隈公園の城趾石碑、案内板を確認後、福徳寺まで歩き(約4分)、天守閣趾の石碑を確認し攻城完了。

きりしまさん の読者投稿欄「土塁・空堀の魅力を感じてもらうのにあなたがもっともオススメだと思うお城を教えてください」への回答が公開されました(2019-12-01)

訪問した城でないと薦めにくいので、そのなかから選択すると玄蕃尾城が楽しめるかと思います。交通の便が悪いところではありますが、敦賀市が丁寧に整備をしており土塁・空堀が非常にわかりやすい城址です。

きりしまさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2019-11-28)

水鉢が武田菱の武田神社・手水舎
水鉢が武田菱の武田神社・手水舎

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-11-25)

西側上段郭と竈跡・案内板
西側上段郭と竈跡・案内板

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-11-25)

黒金門跡・案内板
黒金門跡・案内板

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-11-17)

本丸跡・案内板
本丸跡・案内板

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-11-17)

摠見寺跡・案内板
摠見寺跡・案内板

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-11-17)

(重文)摠見寺二王門・案内板
(重文)摠見寺二王門・案内板

きりしまさん が最近のひとことを更新しました(2019-11-17)

近江八幡のバームクーヘンとセットに安土城攻城。近くの観音寺城、八幡山城は次のバームクーヘンを食べる機会に持ち越しです。

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-11-17)

大きな石灯籠
大きな石灯籠

大手道から本丸跡に向かう際に右手に曲がるその手前右手にあります。

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-11-17)

伝移築門@超光寺・案内板
伝移築門@超光寺・案内板

きりしまさん が  安土城(滋賀県近江八幡市) を攻城しました(2019-11-17)

きりしまさん が  今石動城(富山県小矢部市) を攻城しました(2019-11-14)

城山公園奥の林道を進み城山頂上付近の路肩に駐車し攻城。攻城口から本丸跡→曲輪跡までは足場鉄骨を組んだ遊歩道あり。昨年夏に3年計画で眺望を改善する記事が新聞に掲載されているので期待したい。

きりしまさん が  増島城(岐阜県飛騨市) の写真をアップしました(2019-11-14)

城址全景(南側から)
城址全景(南側から)
このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

宿所の変遷からみる 信長と京都

信長はなぜ本能寺に泊まったのか、という疑問に応えてくれた専門書。京都における信長の足跡が「信長在京表」としてまとめられている。その典拠は同時代史料、公家や僧侶などによる日記(古記録)や書状(古文書)であり信長の動静がじかに伝わってくる(ように読み解かれていて有難い)。絵画史料として上杉本洛中洛外図も要所要所で使われていて当時の様子がイメージしやすい。あと2~3巡読み返し理解を深めたいところだが、天正10年の宿所が本能寺「御屋敷」であった訳がまずはわかった。

たかみくらさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る