()さん 家老   フォロー

攻城団に入って山城の素晴らしさを知りました。現在、北条攻めに奮闘中。西国に馳上る事を夢みてます。

まさんのタイムライン

まさん が  三輪城(東京都町田市) を攻城しました(2020-03-03)

私有地のため、団体、撮影お断りの看板がありますが、よく整備されており、思いがけず素晴らしい空堀など遺構が残っています。色々な野鳥が囀り、ちょっとした桃源郷のような場所でした。

まさん が  石戸城(埼玉県北本市) を攻城しました(2020-03-03)

まさん が  戸倉城(東京都あきる野市) を攻城しました(2019-12-31)

西土倉、光厳寺口ともに崩落のため通行止めになっています

まさん が  米子城(鳥取県米子市) の写真をアップしました(2019-12-19)

発掘調査中の石垣(水手御門郭)
発掘調査中の石垣(水手御門郭)

まさん が  米子城(鳥取県米子市) の写真をアップしました(2019-12-19)

本丸石垣と大山眺望
本丸石垣と大山眺望

まさん が  米子城(鳥取県米子市) の写真をアップしました(2019-12-19)

本丸石垣と眺望
本丸石垣と眺望

まさん が  月山富田城(島根県安来市) の写真をアップしました(2019-12-18)

山中鹿之介幸盛記念碑(本丸)
山中鹿之介幸盛記念碑(本丸)

まさん が  月山富田城(島根県安来市) の写真をアップしました(2019-12-18)

本丸より眺望(中海、日本海方面)
本丸より眺望(中海、日本海方面)

まさん が  月山富田城(島根県安来市) の写真をアップしました(2019-12-18)

山中鹿之介幸盛祈月像
山中鹿之介幸盛祈月像

まさん が  月山富田城(島根県安来市) の写真をアップしました(2019-12-18)

馬乗馬馬
馬乗馬馬

まさん が  松江城(島根県松江市) を攻城しました(2019-12-17)

国宝木造天守はやはり美しいです。
土曜訪問でしたが、人混みもなく見学出来ました。近くの松江歴史館はピカピカで展示物の他にLEGOで作成した天守や松江の歴史映像など見学出来、抹茶と和菓子を頂くスペースもありました。

まさん が  米子城(鳥取県米子市) を攻城しました(2019-12-17)

二の丸跡テニスコート脇駐車場より攻城。地元の公園兼憩いの場的に整備されていて気軽に楽しめる。本丸からの眺望が素晴らしく、大山はまるで富士山の様でした。本丸奥では発掘調査中で、古い石垣を見学できます。

まさん が  月山富田城(島根県安来市) を攻城しました(2019-12-17)

安来市立資料館で職員さんからジオラマを見ながら登城路などを説明していただけます。(火曜休館)規模も大きく、よく整備された素晴らしい山城。現在、山中御殿を整備している様子。本丸からの眺望は素晴らしい

まさん が  河村城(神奈川県山北町) の写真をアップしました(2019-11-20)

眺望(北郭から富士山方向)
眺望(北郭から富士山方向)

手前の山右側に沿うように富士山が

まさん が  河村城(神奈川県山北町) の写真をアップしました(2019-11-20)

眺望と案内板(相模湾方向)
眺望と案内板(相模湾方向)

まさん が  河村城(神奈川県山北町) の写真をアップしました(2019-11-20)

縄張図
縄張図

馬違戸が駐車場になっています。

まさん が  河村城(神奈川県山北町) を攻城しました(2019-11-18)

74号線岸駐在所脇から城址駐車場へ。綺麗に整備されており、畝堀、堀切などの見所もあり、規模も中々。馬洗場より西はちょっとしたハイキングコースのようになっており、気軽に楽しめます

まさん が  皆川城(栃木県栃木市) の写真をアップしました(2019-09-25)

西の丸
西の丸

まさん が  皆川城(栃木県栃木市) の写真をアップしました(2019-09-25)

縄張図
縄張図

まさん が  皆川城(栃木県栃木市) の写真をアップしました(2019-09-25)

二郭
二郭

左手に見える小山が主郭

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

【新装版】 戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE

戦国武将100人の家紋・旗・馬印がオールカラーで掲載されています。
家紋は定紋の他に裏紋も掲載され、由来なども書かれているので勉強になりました。
陣旗・馬印はサイズ感が分かるように人物とともに描かれています。武将により個性あるデザインが面白く、これらの旗がひるがえっていた合戦場を想像するのは楽しいです。合戦絵図を見る際の資料としても参考になります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る