たく()さん 奉行   フォロー

(未入力) 

たくさんのタイムライン

たくさん が  知立城(愛知県知立市) を攻城しました(16:39:12)

知立神社に無料の知立公園駐車場があります。ここから、城址碑がある公園までは、700mと、少し距離があります。途中、名物大あんまきが売っている老舗がありました。

たくさん が  涌谷城(宮城県涌谷町) の写真をアップしました(2020-10-16)

模擬天守
模擬天守

たくさん が  岩出山城(宮城県大崎市) の写真をアップしました(2020-10-16)

伊達政宗公之像
伊達政宗公之像

たくさん が  涌谷城(宮城県涌谷町) を攻城しました(2020-10-16)

無料駐車場有り。立派な模擬天守と櫓が山頂にあり、城があった事を容易にイメージできますが、遺構はありませんでした。ただ、櫓(太鼓楼)の下の石垣は当時のもので、美しいです。

たくさん が  岩出山城(宮城県大崎市) を攻城しました(2020-10-16)

整備された城山公園でしたが、石垣はあとから作ったものでした。伊達政宗公の像は思ったより大きいです。

たくさん が  坂本城(滋賀県大津市) を攻城しました(2020-10-11)

琵琶湖に隣接する坂本城址公園に駐車場があります。ここに、光秀の石像、案内板、地図、石碑があります。石垣は公園を整備する時積んだもので、当時の石垣は湖の中だそうです。

たくさん が  槇島城(京都府宇治市) の写真をアップしました(2020-10-10)

こちらが城跡地
こちらが城跡地

たくさん が  槇島城(京都府宇治市) を攻城しました(2020-10-10)

コインパーキングも含めて駐車場はありませんでした。槙島公園に石碑と案内板だけがあり、その南の小さな公園にも石碑と案内板がありました。こちらが本当の城があった場所だそうです。

たくさん が  勝龍寺城(京都府長岡京市) を攻城しました(2020-10-10)

無料駐車場有り。石垣の下の部分は一部、当時のまま残っているそうです。少し離れたところにある、神足神社の所の土塁跡も保存状態がいいです

たくさん が  亀山城(京都府亀岡市) を攻城しました(2020-10-10)

全国的に珍しい宗教法人所有の城で、城址見学料300円。ギャラリーおほもとで10分程度のDVDを鑑賞後、登城。敷地外になりますが、明智光秀の銅像も最近出来ましたので、必見です。

たくさん が  観音寺城(滋賀県近江八幡市) を攻城しました(2020-09-22)

600円の駐車場からさらに登った所に観音正寺があり、入山料500円。本堂左横から徒歩10分で、本丸跡に着きます。逆ルートの桑実寺からですと、駐車場無し、入山料300円ですが、かなり時間がかかりそうでした。

たくさん が  和田城(滋賀県甲賀市) の写真をアップしました(2020-09-22)

虎口
虎口

たくさん が  和田城(滋賀県甲賀市) を攻城しました(2020-09-22)

ナビでは登場口に辿り着けず。駐車場も見つからなかったため、近隣の方に停めさせていただき攻城。規模は大きくありませんでしたが、周りに支城もあり、全体としてはひじょうに大きいです。

たくさん が  黒井城(兵庫県丹波市) の写真をアップしました(2020-09-21)

頂上本丸跡
頂上本丸跡

たくさん が  黒井城(兵庫県丹波市) を攻城しました(2020-09-21)

春日局庵を目指して行くと迷わずに20数台の駐車場に到着します。登場口にも駐車場があります。本格的な山城で、なだらかコースと急坂コースがありました。頂上からの田園風景は一見の価値があります。

たくさん が  鹿集城(兵庫県丹波市) の写真をアップしました(2020-09-21)

案内板
案内板

たくさん が  福知山城(京都府福知山市) を攻城しました(2020-09-21)

たくさん が  鹿集城(兵庫県丹波市) を攻城しました(2020-09-21)

現在は市島中学校になっており、正門横に案内板があるだけでした。

たくさん が  京都新城(京都府京都市) の写真をアップしました(2020-09-05)

御所から眺める
御所から眺める

たくさん が  京都新城(京都府京都市) を攻城しました(2020-09-05)

京都御苑内の京都仙洞御所内にあったそうで、参観時間が指定されています。京都御所との距離感、公家もビックリの近さに驚きました。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

業政駈ける (角川文庫)

長野業政と家臣たちが箕輪城を舞台に甲斐武田軍と戦う姿を描いた戦国時代小説。
信玄や真田昌幸側を描いたものはたくさんあり、それらを読んで武田軍団は好きな方でしたがこの本を読んでいると最強武田軍団を翻弄する箕輪の小領主を応援せずにはいられません。
そして箕輪城行きたくて…ただ上野国はなかなか遠いです。どこまで史実に近いかは分かりませんが物語を知って現地を訪れるとまた感動が違いますよね。
いつか業政に想いを馳せながら箕輪城攻城するぞ!

solitarioさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る