散歩者()さん 大老 サポーター   フォロー

「花火大会みたいな人だらけの所に、なぜわざわざ行くんだろう」と言ったら、
「何もない城跡に、なぜわざわざ行くんだ」と返され、妙に納得。うまい答え返すなあ(笑)。ほんとに人それぞれですね。

散歩者さんのタイムライン

散歩者さん が  犬啼山城(岐阜県郡上市) の写真をアップしました(2019-12-08)

東殿山山頂
東殿山山頂

山頂の看板が奥に見えます。

散歩者さん が  赤谷山城(岐阜県郡上市) の写真をアップしました(2019-12-08)

堀切
堀切

一の曲輪背後の堀切。左側は岩盤なので、自然地形に近いかもしれない。

散歩者さん が  赤谷山城(岐阜県郡上市) の写真をアップしました(2019-12-08)

水呑場石積
水呑場石積

樹木に隠れて分かりにくいですが、案内表示があります。

散歩者さん が  犬啼山城(岐阜県郡上市) を攻城しました(2019-12-07)

赤谷山城から、山頂目指して進む。途中で少し蜀の桟道を歩いている気分になる。東殿山の頂部付近が犬啼山城跡と伝えられているらしい。確かに頂部は、平坦な地形が広がっている。

散歩者さん が  赤谷山城(岐阜県郡上市) を攻城しました(2019-12-07)

二の曲輪手前で「赤谷」方面の表示に従って下っていくと、水呑場の石積にたどり着ける。また、一の曲輪手前で「乙姫」方面の表示に従って進むと、一の曲輪背後の堀切にたどり着ける。

散歩者さん が  小島城(岐阜県揖斐郡) の写真をアップしました(2019-12-01)

雛壇状の曲輪
雛壇状の曲輪

いくつもの曲輪が雛壇状に連なる。

散歩者さん が  揖斐城(岐阜県揖斐郡) の写真をアップしました(2019-12-01)

案内板
案内板

麓の三輪神社付近にある案内板

散歩者さん が  揖斐城(岐阜県揖斐郡) の写真をアップしました(2019-12-01)

横堀
横堀

大手門跡あたりから下の方に降りていった曲輪跡。このあたりを鹿二頭が、疾走していくのが見えた。

散歩者さん の読者投稿欄「土塁・空堀の魅力を感じてもらうのにあなたがもっともオススメだと思うお城を教えてください」への回答が公開されました(2019-12-01)

微妙な起伏や堀の配置を見て縄張りの妙を感じられるほど、繊細な感覚も、博学な知識も持ち合わせていないので、私が選ぶと堀が大きいとか深いとか、わかりやすいものが見られる城がおすすめの候補になります。立派な馬出しがあれば、なお良いですね。そこでおすすめするのが、静岡県島田市の諏訪原城と東京都八王子市の滝山城です。どちらの城も深い堀が巡らされ、馬出しが非常に印象的です。
「もっとも」というお題なのに、いつも複数挙げてしまいますが、ほかにも静岡市の丸子城、愛知県新城市の古宮城、長野県下伊那郡松川町の大島城とかも少し渋いながらも面白いと思います(他には、山中城とか箕輪城が支持を集めるかな。)。

散歩者さん が  小島城(岐阜県揖斐郡) を攻城しました(2019-11-30)

散歩者さん が  揖斐城(岐阜県揖斐郡) を攻城しました(2019-11-30)

散歩者さん が  増島城(岐阜県飛騨市) を攻城しました(2019-11-23)

散歩者さん が  阿千葉城(岐阜県郡上市) を攻城しました(2019-11-23)

散歩者さん が  久米ヶ城(長野県飯田市) の写真をアップしました(2019-11-17)

冠木門
冠木門

散歩者さん が  久米ヶ城(長野県飯田市) の写真をアップしました(2019-11-17)

堀切その2
堀切その2

散歩者さん が  久米ヶ城(長野県飯田市) の写真をアップしました(2019-11-17)

堀切
堀切

散歩者さん が  久米ヶ城(長野県飯田市) の写真をアップしました(2019-11-17)

案内板(見取図)
案内板(見取図)

散歩者さん が  久米ヶ城(長野県飯田市) を攻城しました(2019-11-17)

屋根付きベンチ裏側あたりから、尾根に行ける遊歩道のような道があります。そこを行くと二重の堀切などが見られます。紅葉がきれいだった。

散歩者さん が  西平城(長野県飯田市) の写真をアップしました(2019-11-13)

虎口?の石積
虎口?の石積

石積は城の遺構なのかどうか

散歩者さん が  西平城(長野県飯田市) の写真をアップしました(2019-11-13)

堀切
堀切

何箇所かある堀切の一つ

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

世界遺産姫路城

姫路城についての鋭い論考と撮影を続けていらっしゃった、北村泰生さん最後の写真集。
稲妻が走る夜空に聳える天守、白漆喰と陰影を活かしたモノクロ写真など、まさに「光を読みきる」ことを具現化なさっています。
(お元気にギャラリーを営んでいらっしゃった頃には、私も行ってみましたが、桜の時期で「撮影に出かけています」との札があり、御目通りは叶いませんでした。)

ぽりへりさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る