傾奇御免()さん 家老 サポーター   フォロー

「週刊 日本の城」が20年2月10日で完成!!今度はDVD版が出るらしい(-_-;

傾奇御免さんのタイムライン

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

本丸南東側の石垣
本丸南東側の石垣

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

二の丸石垣_東側
二の丸石垣_東側

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

南曲輪の石垣と相模湾
南曲輪の石垣と相模湾

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

南曲輪_東側の石垣
南曲輪_東側の石垣

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

南曲輪_西側側面の石垣
南曲輪_西側側面の石垣

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

西曲輪内部の石垣
西曲輪内部の石垣

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

西曲輪外側の石垣
西曲輪外側の石垣

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

西曲輪の外側
西曲輪の外側

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) の写真をアップしました(2022-11-06)

井戸曲輪の石垣
井戸曲輪の石垣

傾奇御免さん が  石垣山城(神奈川県小田原市) を攻城しました(2022-11-05)

時間をかけてじっくり見ていくと、石垣のすばらしさが実感できます。

傾奇御免さん の読者投稿欄「あなたにとって印象深い戦国時代の合戦とその理由を教えてください」への回答が更新されました(2022-09-01)

東国中心の合戦に偏ってしまいますが、個人的には
・第四次川中島合戦(武田vs上杉)
・姉川合戦(織田・徳川vs浅井・朝倉)
・慶長出羽合戦(上杉(直江)vs最上)
・手取川合戦(上杉vs織田)
・三増峠合戦(武田vs北条)
が多くの文献やゲーム(信長の野望)から得た情報で陣立、傭兵の巧みさ、戦術面で特筆している合戦として印象に残っています。
その中で一つ挙げるとすれば、逸話や解明されていない点が多いものの"これぞ上杉!”と感じた手取川合戦を推薦します。
※現地を見て・・で言えば第四次川中島合戦でしょうか・・

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2022-08-12)

真田濠(上智大学グランド)
真田濠(上智大学グランド)

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2022-08-12)

四谷見附の桝形
四谷見附の桝形

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2022-08-12)

牛込見附の石垣(北西側)
牛込見附の石垣(北西側)

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2022-08-12)

牛込橋の石垣
牛込橋の石垣

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2022-08-12)

四谷見附の桝形に使用された石材
四谷見附の桝形に使用された石材

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2022-08-12)

牛込見附の石垣(南側)
牛込見附の石垣(南側)

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2022-08-12)

外濠跡(市ヶ谷駅前)
外濠跡(市ヶ谷駅前)

傾奇御免さん が  江戸城(東京都千代田区) を攻城しました(2022-08-12)

傾奇御免さん の読者投稿欄「あなたが思う「最強の城」はどのお城ですか?」への回答が更新されました(2022-06-01)

最強の定義が難しいのですが・・難攻不落という言う点では、恐らく熊本城か姫路城ではないかと思います。(二つとも見たことはなのですが・・)
本物の戦いにおける激しい攻撃を耐え抜いた城、という点では会津若松城かなぁ、と。(熊本城も実戦での防御力の高さは実証済ですが・・)
そのような中、訪れた中で判断すると城の規模、造り、逸話などを総合して、小田原城を推薦します。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

残月―竹田城最後の城主、赤松広英

タイトル通り竹田城最後の城主赤松広英の生涯を描いた書籍です。

播磨の国、龍野城を争うことなく明け渡し、戦国時代に人生を翻弄されながら生涯を終えた武将です。
仁政をしき、他人を蔑むことなく、民を慈しみ、
理想の桃源郷をつくろうとする様が描かれております。
朱子学の祖、藤原惺窩の無二の親友で、広英が亡くなったあと、「赤松広通以外の武将は是ことこどく盗賊であった」といわしめました。

自費出版に近い形で出版されているので、多少読みにくさはありますが、たくさんお城と信長、秀吉、家康など著名な武将もでてきます。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る