葛飾三河守()さん 家老 サポーター   フォロー

2018年の攻城数は64城でした。ここまでの攻城数、百名城64/100、続百名城26/100。まだまだ、時間かかりそうですが、百名城制覇を目指します。
来年1月から三重県四日市市へ転勤になります。これまでなかなか行けなかった伊勢、尾張、美濃、近江などを巡りたいと思います。

葛飾三河守さんのタイムライン

葛飾三河守さん が  観音寺城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-10-06)

大石垣
大石垣

登山の疲れが一気に吹き飛ぶ景色です。

葛飾三河守さん が  観音寺城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-10-06)

本丸石垣
本丸石垣

桑實寺から30分程の山登りの直後に突然現れます。

葛飾三河守さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2019-10-06)

天主からの遠景
天主からの遠景

信長も見た景色かと思うと感慨深いものがあります。

葛飾三河守さん が  観音寺城(滋賀県近江八幡市) を攻城しました(2019-10-05)

桑實寺経由で攻城。桑実寺駐車場から桑實寺まで石段を登り15分。桑実寺で入山料300円をお納めし、本丸跡まで更に30分。ほぼ9割5分が上りの石段ですので、登山仕様がベターです。迷わずに本丸跡、大石垣にたどり着けるメリットはあります。大石垣を見れば、1時間近くの山登りの疲れも吹き飛びます。

葛飾三河守さん が  安土城(滋賀県近江八幡市) を攻城しました(2019-10-05)

安土城天主、摠見寺、セミナリヨ、考古博物館を廻って2時間半。天主跡以外も見たいのであれば、3時間程度は時間を取りたいものです。開城時間10分前に駐車場に到着、誰もいない本丸跡、天主をゆっくり楽しむことができました。

葛飾三河守さん が  山上城(滋賀県東近江市) を攻城しました(2019-10-05)

葛飾三河守さん が  山上陣屋(滋賀県東近江市) を攻城しました(2019-10-05)

葛飾三河守さん が  唐沢山城(栃木県佐野市) の写真をアップしました(2019-09-28)

天狗岩からの眺望
天狗岩からの眺望

関東平野を望むが、曇り空で少し残念。

葛飾三河守さん が  唐沢山城(栃木県佐野市) の写真をアップしました(2019-09-28)

本丸石垣
本丸石垣

定番スポット。発掘作業中。

葛飾三河守さん が  唐沢山城(栃木県佐野市) を攻城しました(2019-09-28)

東武佐野線田沼駅から徒歩で攻城。道路沿いを30分進み、関東ふれあいの道の山道を15分。唐沢山神社で御朱印と御城印を入手。御朱印は9月限定バージョン数種類の中から、「まんまるうさぎ」を頂きました。

葛飾三河守さん が最近のひとことを更新しました(2019-09-15)

東京から三重へ単身赴任となり、伊勢・尾張・美濃がメインエリアに、近江、大和も射程圏。「三重の山城ベスト50を歩く(サンライズ出版)」を片手に北伊勢の山城を自転車で攻城中。目標は百名城攻城も、2019年9月現在、百名城69/100、続百名城38/100。いつになるかは判りませんが、気儘に攻城を続けます。

葛飾三河守さん が  小折城(愛知県江南市) を攻城しました(2019-09-15)

葛飾三河守さん が  井上城(愛知県岩倉市) を攻城しました(2019-09-15)

葛飾三河守さん が  尾張岩倉城(愛知県岩倉市) を攻城しました(2019-09-15)

葛飾三河守さん が  小牧山城(愛知県小牧市) を攻城しました(2019-09-15)

麓の土塁から、主郭の石垣まで見所満載。れきしるこまきで「信長のお城絵展」が開かれています(9/13-11/4)。香川元太郎先生が描いた原画が展示されていて、楽しめました。

葛飾三河守さん が  北外山城(愛知県小牧市) を攻城しました(2019-09-15)

葛飾三河守さん が  南外山城(愛知県小牧市) を攻城しました(2019-09-15)

小牧山城へ向かう途中で攻城。名鉄間内駅の東側に浅井長政の銅像がありました。浅井長政の側室とその子が移り住んできて、その子孫が建立したとのことです。

葛飾三河守さん が  松ヶ島城(三重県松阪市) を攻城しました(2019-08-31)

葛飾三河守さん が  松坂城(三重県松阪市) を攻城しました(2019-08-31)

葛飾三河守さん が  田城城(三重県鳥羽市) を攻城しました(2019-08-31)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版

幕末から昭和にかけて、
レンズにおさめられた貴重な城郭が
惜しみなく掲載されている。
廃城令や戦災で失われた城も多く、
一般に発売されている資料としては
超一級品だと思う。
事前に見てから攻城すると、
天守閣がなくなっていたり、
遺構が少ない城跡でも、
当時の情景が重ねられて、
タイムスリップできた気分になれる。
城好きには一家に一冊あって
絶対損しない資料。

玄之丞さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る