博楽征東北三名城大将軍貨泉丸(はくらくせいとうほくさんめいじょうだいしょうぐんかせんまる)さん 家老   フォロー

お城は好きでしたが、御城印集めとかしたくて(笑)また城巡り始めました。夢は死ぬ迄に盛岡城につくられるであろう復元天守に登る事。北東北の戦国時代を舞台にした大河ドラマ出来たら絶対観る

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さんのタイムライン

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  長谷堂城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-14)

本郭からの眺望
本郭からの眺望

山形城も、直江兼続本陣も丸見え出来る本郭。

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  長谷堂城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-14)

本郭跡
本郭跡

かなり広い本郭、今でも山形城方面も良く見える。

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  長谷堂城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-14)

春日神社付近の枝垂れ桜
春日神社付近の枝垂れ桜

昔からある登城路観音坂口、湯田口が合流して本郭へ向かう途中、多段郭の一つに建つ春日神社付近で咲く枝垂れ桜

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  長谷堂城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-14)

2重空掘
2重空掘

長谷堂観音下にある2重空堀跡。規模は関東山城各地にある2重空掘とくらべると小規模

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  長谷堂城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-14)

水堀跡と桜
水堀跡と桜

長谷堂城駐車場前にある水堀跡と桜、長谷堂城駐車場は水堀眼の前にあり、いきなりの城ファンの気持ちを高揚させる作りになっています。水堀は長谷堂城を一周しており、一部用水路になって残ってます。

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  舘山城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2024-04-13)

私設資料館にある館山城案内図
私設資料館にある館山城案内図

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  舘山城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2024-04-13)

北館跡
北館跡

北館は家臣が住んで居た場所と考えられています。

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  舘山城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2024-04-13)

東館後
東館後

東館には、庭園や複数の井戸跡発見されて、城主の住んでいた場所だと言われてる

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  舘山城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2024-04-13)

残存石垣
残存石垣

1郭と2郭を隔てる土塁そばに残る石垣

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  山形城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-13)

御三階櫓跡
御三階櫓跡

御三階櫓跡、地面には栗石と地中に残る石垣の一部が所々に確認できます。

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  山形城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-12)

坤櫓復元石垣
坤櫓復元石垣

復元され、石垣天端には栗石が敷き詰められている

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が「 山形城 御城印 通常版」をコレクションしました(2024-04-12)

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  山形城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-12)

巽櫓石垣と復興櫓
巽櫓石垣と復興櫓

櫓のイメージを持てるようになのか、ハリボテの復興櫓がここだけ建っていました。

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  山形城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-12)

夜桜と一文字門
夜桜と一文字門

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  山形城(山形県山形市) の写真をアップしました(2024-04-12)

夜の東大手門
夜の東大手門

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  米沢城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2024-04-12)

上杉神社本殿
上杉神社本殿

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  米沢城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2024-04-12)

謙信の祠堂跡
謙信の祠堂跡

謙信の遺骸を納めた棺を祀るお堂が建っていた。御三階櫓の反対側南西隅

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  米沢城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2024-04-12)

御三階櫓跡
御三階櫓跡

本丸の南東隅にあった御三階の土塁

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  山形城(山形県山形市) を攻城しました(2024-04-12)

博楽征東北三名城大将軍貨泉丸さん が  長谷堂城(山形県山形市) を攻城しました(2024-04-12)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る