ミガーいち()さん 家老   フォロー

(未入力) 

ミガーいちさんのマイベストキャッスル

1 備中松山城(岡山県高梁市) 備中松山城(岡山県高梁市)
2 小田原城(神奈川県小田原市) 小田原城(神奈川県小田原市)
3 八王子城(東京都八王子市) 八王子城(東京都八王子市)
4 春日山城(新潟県上越市) 春日山城(新潟県上越市)
5 向羽黒山城(福島県会津美里町) 向羽黒山城(福島県会津美里町)
6 彦根城(滋賀県彦根市) 彦根城(滋賀県彦根市)
7 戸石城(長野県上田市) 戸石城(長野県上田市)
8 長浜城(静岡県沼津市) 長浜城(静岡県沼津市)
9 一乗谷城(福井県福井市) 一乗谷城(福井県福井市)
10 鬼ノ城(岡山県総社市) 鬼ノ城(岡山県総社市)
あなたも自分だけのマイベストキャッスルを披露してみませんか?
マイベストキャッスルを設定する

みんなのベストキャッスルを表示する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る