(あさひ)さん 家老 サポーター   フォロー

土のお城、山城が好きです。兼業農家をしているため農繁期はなかなか出かける事ができませんが、これからものんびりとお城めぐりを楽しみたいと思います。

旭さんのタイムライン

旭さん が  坂越浦城(兵庫県赤穂市) を「行きたいお城」に登録しました(14:13:11)

旭さん が  高鉢城(岡山県美作市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-08-05)

旭さん が  吉川元春館(広島県北広島町) を「行きたいお城」に登録しました(2022-08-01)

旭さん が  吉田郡山城(広島県安芸高田市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-08-01)

旭さん が  福山城(広島県福山市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-08-01)

旭さん が  広島城(広島県広島市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-08-01)

旭さん の読者投稿欄「あなたが気になる名前のお城を教えてください」への回答が更新されました(2022-08-01)

僕が住んでいる地方には尼の字が付く城跡がけっこうあり、尼子氏と何らかの関係があると言われていまして気になって道もない山に行ったりしています。写真は尼ヶ城跡の虎口で大きい土塁と横堀がよい状態で残っています、道路から直ぐなので行きやすいのもgoodです。

旭さん が  竹山城(岡山県美作市) の写真をアップしました(2022-07-31)

夏の展望
夏の展望

夏も綺麗ですね。駐車場も砂利がひいてあるので草が生えていませんよ。

旭さん が  竹山城(岡山県美作市) を攻城しました(2022-07-31)

旭さん が  伊勢畑城(岡山県岡山市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-07-31)

旭さん が最近のひとことを更新しました(2022-07-30)

今年は田植えを遅らしたんですがなぜか通常どおり穂が出てきました、遅らせても追い付く不思議です。

旭さん が  羽衣石城(鳥取県湯梨浜町) の写真をアップしました(2022-07-25)

本丸の虎口
本丸の虎口

大きい岩を利用して侵入路を狭めています、足元は砂利が敷き詰めてあり歩きやすいです。

旭さん が  羽衣石城(鳥取県湯梨浜町) の写真をアップしました(2022-07-25)

本丸と模擬天守
本丸と模擬天守

広い本丸、天守も立派でかっこいいです。

旭さん が  羽衣石城(鳥取県湯梨浜町) の写真をアップしました(2022-07-25)

模擬櫓下の石積
模擬櫓下の石積

井戸から迷って模擬櫓の下にたどり着きました、土止めの為か石積がありました。

旭さん が  羽衣石城(鳥取県湯梨浜町) の写真をアップしました(2022-07-25)

井戸のある郭の石垣
井戸のある郭の石垣

井戸のある郭には平たい石で石垣が組んでありました。

旭さん が  羽衣石城(鳥取県湯梨浜町) の写真をアップしました(2022-07-25)

井戸
井戸

天女が水浴びをした伝説があるんですがちょっと小さいような?井戸の右手に登る階段が付いていますが登らないでください。

旭さん が  羽衣石城(鳥取県湯梨浜町) の写真をアップしました(2022-07-25)

模擬櫓より日本海
模擬櫓より日本海

海が美しい、今日は波がかなり高めです。

旭さん が  倉吉陣屋(鳥取県倉吉市) を攻城しました(2022-07-24)

旭さん が  大崎城(鳥取県鳥取市) の写真をアップしました(2022-07-24)

本丸
本丸

けっこう広くて平です、白いのは机と椅子です。

旭さん が  大崎城(鳥取県鳥取市) の写真をアップしました(2022-07-24)

集落側の虎口
集落側の虎口

ここの土塁は大きく張り出しています。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

アイヌ民族の歴史

アイヌ民族についてこれまで「シャクシャインの戦い」「地図で見るアイヌの歴史」を読んできましたが、もっと知りたいと思いこの著書を手に取りました。この著書にはアイヌと認識される前の北海道に付いても記載があり、北海道式古墳というものがあることを北海道に22年間住んでいたにもかかわらず初めて知りました。現在の歴史の教科書にも記載のあるシャクシャインの戦いに対して弘前藩も出兵をしており、アイヌ勢と直接戦うことはなかったが、その当時弘前藩内には津軽アイヌの方々が生活しており、彼らは出兵の手助けをしたり、更に兵として参加していたという記録があるそうです。明治以降は日本とロシアとの政治的駆け引きに翻弄されるアイヌ民族を目の当たりにすると共に、この日本も決して単一民族国家では無いことを再認識させられる一冊でした。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る