(あさひ)さん 家老 サポーター   フォロー

土のお城、山城が好きです。兼業農家をしているため農繁期はなかなか出かける事ができませんが、これからものんびりとお城めぐりを楽しみたいと思います。

旭さんのタイムライン

旭さん が  大阪城(大阪府大阪市) を「行きたいお城」に登録しました(2024-02-28)

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-26)

内構
内構

ものすごい広いです、平で凄いです。一部が採石の置き場になっていました。

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-26)

内構の入り口の石段と石垣
内構の入り口の石段と石垣

道の所に内構と書いてある看板がありました、知らないと地名の看板と間違えそうです。

旭さん が  岩屋城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-26)

水神宮
水神宮

アップで撮影、水がいっぱいです。

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-26)

土塁
土塁

掘り残して作ってあるんでしょうか、この上から攻撃出来ます。

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-26)

二の丸の辺りの岩
二の丸の辺りの岩

雰囲気いいと思います、岩も何かに使われていたんでしょうか。

旭さん が最近のひとことを更新しました(2024-02-25)

土曜日に矢筈城に行った時の事なんですが全体的に山上は霜柱が出来ていて歩くたびにザクザクと音がしてクセになります、子供のころは冬になったらいつも霜柱を踏むのを楽しんでいたのを思い出しました。今はあんまり霜柱出来ないけれどこんな体験できるなら朝の攻城もいいですね。ただここの階段は四角の鋼管を使ってあるので凄く滑りますので用心して下さいね。

旭さん が  岩屋城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-25)

馬場の下にある炭焼き跡
馬場の下にある炭焼き跡

こんな所にも炭焼き跡がありました、同時物でしょうか。

旭さん が  岩屋城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-25)

馬場から本丸方面
馬場から本丸方面

好きな場所の1つです、管理もよくこの角度が好みです。

旭さん が  岩屋城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-25)

馬場から津山市内方面
馬場から津山市内方面

絶景です。

旭さん が  岩屋城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-25)

山王宮に行く途中の滝
山王宮に行く途中の滝

しばらく眺めてました、綺麗です。この辺りはトゲのある植物が沢山生えていますのでケガをしないように注意しましょう。

旭さん が  岩屋城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-25)

慈悲門寺上の砦跡の井戸跡
慈悲門寺上の砦跡の井戸跡

よく岩を綺麗に掘ったものです。囲いはないので落ちないようにして下さい。

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-24)

新城の石垣
新城の石垣

下の郭からよく見れば石垣と全体に規則的に石があるので石垣が崩れたのかも?

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-24)

新城の石垣
新城の石垣

一番はっきり残っている石垣をやや引きで撮影。

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-24)

本丸の説明板
本丸の説明板

字が読みにくいです。

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-24)

本丸
本丸

けっこう広いけど建物がはみ出して立ててあったそうです、どんな大きな建物だったんでしょうか。

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2024-02-24)

本丸より
本丸より

雪の山が美しいです。

旭さん が  岩屋城(岡山県津山市) を攻城しました(2024-02-24)

旭さん が  矢筈城(岡山県津山市) を攻城しました(2024-02-24)

旭さん が  庄山城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2024-02-21)

二の郭
二の郭

ここは広いです、かなりの兵が入れそう。ただ今は雑木だらけでぼんてんまるの根付けが消えてしまいました。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る