平戸城
平戸城

[長崎県][肥前] 長崎県平戸市岩の上町1458


  • 平均評価:★★★★☆ 3.56(--位)
  • 見学時間:1時間8分(--位)
  • 攻城人数:1073(151位)

平戸城の城主メモ 最新順

城からの眺めも素晴らしいですが、少し離れたところから眺めるのもいいと思います。

(2023/08/13訪問)

天守から見える海の景色がとても良かったです。

(2023/05/02訪問)

たびら平戸口駅でレンタサイクル借りるのがオススメです。値段は700円。車の往来が多いので注意は必要です。

(2023/03/06訪問)

最寄りのたびら平戸口駅からバスでアクセスする場合は、近隣の平戸口駅前や平戸口桟橋も含めると選択肢が増えます。徒歩移動では一時間近く掛かります。

(2022/10/11訪問)

二の丸に残る石垣や桝形虎口が明らかに強固で、一国一城令後に整備されたとは思えないほどです。
海に向かってそびえる模擬天守も絵になります。

(2022/09/22訪問)

たびら平戸駅からバスで平戸市役所前下車10分です。スタンプは天守にあります。見どころは狸櫓、北虎口門、石垣、本丸、二の丸、三の丸、大手門跡です。近くにザビエル教会やオランダ商館、松浦資料博物館など異国情緒あふれる街並みを体験できます。

(2019/11/12訪問)

模擬天守や復元櫓が、海の要所である平戸瀬戸に面して建つ姿が絵になります。城址南側の目立たない場所にある大手御門、二の大手御門付近の立派な石垣や枡形もお見逃しなく

(2022/05/10訪問)

佐世保駅から「平戸桟橋」行きのバスに乗り90分くらいです。お城のHPには最寄りが「平戸市役所前」となってますが終点の「平戸桟橋」まで行くと観光案内所もありますしロッカーに荷物も預けられて便利です。お城にも徒歩で行けます。亀岡神社が当時の大手門側になるので、そちらから登城されるのがオススメです。桝形虎口や狭間が並んだ直線の塀など戦略的な縄張になっているのがよく分かります。

(2022/05/01訪問)

模擬天守は券売機で券を購入して自動改札入場。館内の映像ガイドは自動投影。最上階では廻縁に出ているところを向かいの見奏櫓から写真撮影してダウンロードできる…すべて無人。感心。

(2022/02/24訪問)

佐世保駅前のバスセンターから西肥バス、往復チケットは定価から200円引きの2700円。
石垣が結構残っているので、外郭含めると3時間くらいは見ておきたい。
平戸市役所前に幸橋御門と石橋もある。模擬天守内はプロジェクションマッピングや体験型展示もある。

(2022/01/01訪問)

平戸城駐車場に停めて攻城。100名城スタンプは2階フロアに置いてあります。チケットは発券機で買い、入場ゲートにてチケットのQRコードを読み込ませるという入城から城でるまで職員のかたと一度も顔を合わせませんでした。

(2021/07/19訪問)

海が見えて景色が、最高でした。あと、最新の画像設備で、説明が、とてもわかりやすかったです。

(2021/04/28訪問)

4月1日から天守閣に入れるようになりました。展示がまさに今風でプロジェクションマッピングなど取り入れています。なお駐車場は数ヶ所ありますので滞在時間にあわせて選択できます。スタンプは天守閣。

(2021/04/13訪問)

4月1日から再開みたい

(2021/03/29訪問)

来春まで天守閣は改装中。登城できません。宿泊できるようになるとか。スタンプは、港の観光駐車場にある、観光案内所で押せます。

(2020/09/23訪問)

日曜に行ったら平戸島のガソリンスタンドどこも店休日でした。平戸大橋から九州本土に戻って右に曲がると大きなガソリンスタンドが営業してますのでここで給油しましょう。福岡方面から来たのですが道中やってるガソリンスタンドほとんどないです。

(2020/10/04訪問)

改修工事中のため、本丸登壇不可。
平戸護国神社側からであれば、天守がハッキリと見やすいです。

(2020/08/10訪問)

麓の港町からは石垣と天守を備える山が見えた。城内やや登りだが高台で眺めもよく海の透明度も素晴らしい。

(2018/07/27訪問)

松浦鉄道(まだスイカ不可、20年導入予定)のたびら平戸口駅からタクシーで登城。2300円くらい。本丸は21年3月ぐらいまで工事中です。

(2020/01/17訪問)

前回、攻城した時は天守にも上がったが、今回は天守工事中のため近づけず。スタンプのみ。

(2019/11/10訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

あやしい天守閣 (イカロス・ムック)

日本中の模擬天守をディスりまくってる本です。30城+αがバッサバッサと切られています。「この愛すべき夢と妄想と意気込みを見よ!」のコピーは秀逸。ページの2/3がカラーで模擬天守、後半1/3 に白黒で現存天守と復元天守を載せている、ある意味下剋上な面白くて読みやすい本です。

弥一左衛門さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る