久留米城
久留米城

[福岡県][筑後] 福岡県久留米市篠山町444


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.13(232位)
  • 見学時間:47分(266位)
  • 攻城人数:271(185位)

久留米城の城主メモ(98件) 最新順

JR久留米駅より15~20分くらいで到着します。
石垣のきれいなお城で、特に月見櫓跡の石垣が印象的です。

(2019/05/18訪問)

基山から近いです。神社になってますが、周りの石垣は立派でした。

(2019/05/14訪問)

団員の方々のメモのおかげで、駐車場にたどり着けました。立派な石垣はもちろん、有馬記念館の資料も興味深いものがありました。

(2019/05/05訪問)

北九州の三泊四日での城巡り。
一日目。天気は曇り
・石垣が立派に残っている。本丸跡は篠山神社になっている
・筑後川の横にあり、自然の堀になっている
・有馬記念館(入館料:200円)で久留米城に関する映像(10分程度)が見れる
・有馬記念館の見学も含めて、40~50分程度で周れる。
・スタンプは、篠山神社の社務所でゲット。外に置いてあり、状態はイマイチ。
・駐車場は10台程度。無料で停めれる
・久留米ラーメンや焼鳥(豚)が有名だが、今回は見送り

(2019/02/08訪問)

有馬氏21万石の居城。70年もかけて構築した城下というだけあって、高石垣がとても丁寧に積まれていました。迫力も申し分なし。遺構が本丸しかないのが勿体ないですね。あと本丸直下に契約駐車場が・・・。もっと整備できれば素晴らしいと思います。

(2019/05/03訪問)

久留米駅から徒歩で登城。高石垣は見事。桜の季節の割には、人出はまばら。

(2019/03/27訪問)

有馬氏が維新まで続いたことは恥ずかしながら知りませんでした。この城址は神社の持ち物で、続100名城の選定をとても喜んでいて頂いていることが嬉しかったです。有馬記念館でもう少し城のことも説明あれば尚良いのですが。

(2019/05/01訪問)

「令和」の始まりは、やっぱり本城から。本丸大手口には、「令和」を祝う幟がありました。本丸御殿跡に鎮座の篠山神社で特別の御朱印も頂きました。

(2019/05/01訪問)

平成最後の攻城∩(´∀`)∩、続100のスタンプを押して、乾門を見に日輪寺に行って城下町散策をしたかったのですが…雨が強くて…また次回(*_*)楽しみにしよ

(2019/04/29訪問)

石垣は残っているが、他の遺構に見るべきものは少ない。大きな城だったはずなのに、保存状態があまり良くないのは何故だろう

(2019/04/28訪問)

久留米大学であった認定資格試験の途中での訪問だったので、あまりゆっくり見れなかった。でも石垣など見るべき箇所は結構あるので、今度はじっくり見たい。

掘にたくさんの桜の花びらが散って、ピンクに染まっていました。九州の春は真っ盛りです。

(2019/04/06訪問)

立派な石垣が残っていて、思っていたより良かった。

(2019/04/07訪問)

桜追いかけ隊弾丸攻城3城目。城址は小ぶりながらも(二の丸三の丸はブリジストンの敷地)桜と石垣が映える良い城址。この時期に来て本当に良かった^^

(2019/04/02訪問)

桜が満開で花見客に混じりながらの登城でした。石垣バックの桜が映えて長居してしまいました!

(2019/03/30訪問)

神社の境内に遺構があります。石垣はすごい!

(2019/03/23訪問)

筑後川の河川敷をランニングがてら。石垣が立派に現存

(2018/04/21訪問)

立派な石垣に囲まれた城域の南東にあった巽櫓跡は天守台のように二重に石垣が残っていました。映像資料を見て、競馬の有馬記念の創始者が、藩主有馬家当主というのを初めて知りました。

(2019/03/16訪問)

久留米駅より徒歩で訪問、所要時間約15分ほど。城内よりも城外から見た方が見どころのある城でした。

(2019/03/15訪問)

久留米駅から徒歩で攻城。
案内に従えば迷わず15~20分程度。
水堀から大手口に入り、城郭内を散策。
あいにく有馬記念館は休館で残念。
石垣では除草作業が行われてました。
その後は三の丸跡まで移動し、下城としました。

(2019/03/05訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る