大桑城
大桑城

[岐阜県][美濃] 岐阜県山県市大桑


  • 平均評価:★★★★☆ 3.67(--位)
  • 見学時間:1時間43分(--位)
  • 攻城人数:209(378位)

大桑城の城主メモ 最新順

土岐氏が覚悟を決めて築城しただけあって、岐阜市内方向の天然の切岸が鋭く、行きは、はじかみ林道、城山展望台、切井戸経由で50分で主郭に、帰りは、古城山登山道(要軽登山靴)で60分掛かりました。

(2022/04/09訪問)

古山城登山道から攻城しました。初めはなだらかな道ですが、皆さん書かれている様に途中からアップダウンが激しくなり、切井戸へ降りる道はロープを使わないと昇り降りできませんでした。

(2021/11/20訪問)

はじかみ林道から攻城。道は整備されていますが狭く、アップダウンが結構あります。さらに切井戸や、番所跡を見学しようと思うと余分に上り下りすることになります。

(2021/03/08訪問)

はじかみ林道から登りました。主郭までは片道30分以上かかります。所々道が狭く、急斜面があるので注意が必要です。アップダウンも激しいです。ただ、主郭まで到達出来れば絶景が広がります。

(2021/02/11訪問)

登山道はとても整備されていますし、ロープもたくさん張ってあります。麓は小雨でも天守台跡では雪になっていました。惣構えだった城下町も四国堀など見所あります。

(2021/02/04訪問)

体力の自信ない方は新しく出来たはじかみ林道から登城して下さい。楽です。

(2021/01/30訪問)

最寄りの椿野バス停から攻城しましたが、その場合は片道一時間程の山道を進むことになります。車で攻城する場合は、はじかみ林道から挑むと早く城域に到着できるようです。
石垣の遺構が随所にありますが、それぞれ案内があり、岩盤と見間違えずに見学できました。ミニチュアの模擬天守も、愛嬌あります。

(2020/12/05訪問)

岐阜駅から桔梗塚(伝・明智光秀の墓)まで電動レンタサイクルで2時間弱。位置的に大桑城も同じくらいだと思われます。桔梗塚から大桑城までは30分ほどかかりました。比較的楽な「はじかみ林道」コースで登りましたが、ロープに頼るので手袋や軍手装備を。

(2020/11/29訪問)

はじかみ林道の駐車場から攻城。ロープがあって有難かったです。途中で井戸跡を見に行き、また上がるのがきつかった。

(2020/09/20訪問)

登山口迄は車でのぼれます。登山道はアップダウンもあり、歩きやすい靴をオススメ!クマ出没の注意喚起もある為、できれば2名以上での入山が良いかと…!

(2020/09/05訪問)

沿道にならぶ幟旗にウェルカム感があり四国堀も見逃さずに立ち寄れた。はじかみ林道登山口コースから入山。コースの整備が行き届いているがロープに助けられる箇所が多いので軍手があるといい。

(2020/08/06訪問)

はじかみ林道の登山口まで車で行きました。登山口の所にパンフレットが置いてあり。整備された駐車場もあります。

(2020/07/28訪問)

訪問時、大河ドラマ関連で城周辺は旗がたくさんありました。頂上までは十分動きやすい服装で行くのが良いです。井戸まで行く道が急斜面でかなりキツいだので、注意が必要です。雨上がりの時だったので、落ち葉が滑りやすかったです。

(2020/03/29訪問)

大桑城新登山口駐車場(35.561345,136.772898)に駐車して攻城。登城路はアップダウン、急なところはロープを伝って登ります。山頂までの残距離表示があります。山頂にあるミニ大桑城は小さくてかわいい。今回はゆったりコースで攻城した為、けんきゃくコースの竪堀、堀切が見れなかったのが心残りです。

(2020/03/04訪問)

大桑城跡(古城山山頂)からみて北北東の美山観光やな付近から林道に入り、はじかみ林道登山口(駐車場・トイレあり)から登城しました。
ロープが新調され迷わず登頂できましたが所々アップダウンや足元が厳しい箇所もありますのでキッチリ山城装備をおススメします。

(2020/03/07訪問)

麒麟が来るの影響もあってすごく整備されていました。駐車場が新しく設けられていました。トイレも設置されています。山の中腹まで車で登ることができます。下から徒歩で登ることもできますよ。竪堀、堀切、曲輪などの遺構を見ながら登っていくと、ミニチュア天守のある主郭に到着します。下から徒歩で登るコースは往復3時間ほどかかるので、時間に余裕をもって攻城すべき城だと感じました。

(2020/03/07訪問)

富永方面より『はじかみ林道』へ入り攻城。駐車スペースは25台ほど。曲輪、石垣、曲輪側面の崩れた石積等確認できます。高さ約3mのミニ天守は、これはこれで良い感じ。『古城山登山口』には広い駐車場があり、地元の方から登山マップ等、資料が頂けました。近くに『四国堀』があります。こちらからの攻城がおすすめです。

(2020/02/02訪問)

光秀ゆかりの地という事で、それなりに人がいました。舗装された山道を車で登り、駐車場からは、古山城登山道を歩きました。途中、登ったり降りたりで歩くこと20分、手摺のロープがあり、頂上へ到着。模擬天守はミニチュアでした。

(2020/01/25訪問)

山頂近くの駐車場まで車で登れます。駐車場にはトイレもあり、登山道も整備されています。徒歩20分程度で到着する主郭からの展望が絶景です。

(2019/12/15訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

花鳥の夢 (文春文庫)

狩野永徳が主人公の時代小説です。 
永徳の人物像や時代背景、人間関係を掴むのに役立ちます。
また、「寺院別障壁画の見かた」も手元にあると、小説の中の障壁画作成場面がより臨場感を持って楽しめます。

十林寺さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る